健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

枝豆の失敗しない美味しい茹で方とは?実際にやってみました!

0-86_R

冷凍のチンする枝豆は簡単で早いけど、外国産のものばかり…

実家に住んでいた時におばあちゃんが茹でてくれた
あの素朴な枝豆が食べたいとずっと思っていたのです。

スーパーに行ってみるとちょうど枝付きの枝豆を発見!

絶対失敗したくない…と
ネットで色々調べて、茹で方を研究しました。

スポンサーリンク

準備するもの

・枝豆:250g
・塩:40g(塩もみ用+茹でるとき用)
・水:1リットル

茹でる前の下準備は?

まず、枝から枝豆の房を外しながら端を切り落とします。

端を切ることで、塩味が染み込みやすくなり
見栄えもよくなります。

端の切り落としは両端がベストですが、片方でもOKです。

次に、枝豆を塩もみをします。

塩40gの半分くらいを枝豆にまぶし、もみ込みます。

塩もみをすることで、塩味が浸透しやすくなるとともに
枝豆表面の産毛を取り除きます。

塩もみが終わるとすぐに洗い流さず
10分程度放置して塩を浸透させましょう。

茹ですぎに注意!

塩もみが終わると一旦水で産毛を洗い流し、
沸騰したお湯に残りの塩を入れ茹でていきます。

枝豆250gに対し、水1リットルの割合で茹でました。

枝豆のレシピサイトを色々調べると
茹で時間は「3~5分」と書かれていますが
私のおすすめは3分です。

スポンサーリンク

元々半分は冷凍するつもりで硬茹でのつもりで3分茹でたのですが
ちょうど歯ごたえのあるちょい硬めになりました。

そのため時間はきっちり計り
時々食べながら好みの硬さより少し硬めに茹でましょう。

(冷ますときに予熱で柔らかくなるためです)

冷水VSうちわOR扇風機?

茹でた後の枝豆ですが、冷水に浸けたりせずに
うちわや扇風機で熱を冷ましましょう。

冷水につけると、旨味が抜け、水っぽくなってしまうそうです。

塩もみ&茹でるときの塩で、ほどよい塩加減になっていますが
居酒屋さんで出てくるような強めの塩が好きな方は
熱いうちに追加で塩をまぶすのもよいそうです。

感想

初めて一人で枝豆を茹でてみましたが
手間がかかった分、とっても美味しかったです!

市販で温めるだけのものよりもちょい硬め♪
肝心の塩加減は、ちょっと足りないかな?
と、思いましたが、これはこれでいいと思いました。
(次回は熱冷ますときに塩を振りかけてみようかな)

生の枝豆は少々お高く感じますが
量が多いので、冷凍しておけばコスパも悪くありません。
国産で産地がわかるというのも安心ですし。

またスーパーで見つけたらチャレンジしてみようと思います^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)