健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

アボカド 食べ頃の見分け方は?色や硬さとアレをチェック!

abokado (2)

栄養価がとても高くヘルシーな果物として人気のあるアボカド。
でも、買う時にどれが食べ頃なのか見分けがつかず困っていませんか?

硬めのものを買って追熟させるつもりが、いつの間にか腐ってしまっていたり…。

アボカドを美味しく食べるために、ちょうどいいタイミングが知りたい!
というあなたへ、食べ頃のアボカドの見分け方をお伝えします!

スポンサーリンク

アボカド 食べ頃の見分け方は、4つのポイントをチェック!

アボカドを買ってきて、食べようと切ってみたらまだ固くて食べ頃ではなかったという経験のある人は多いのではないでしょうか。
アボカドは樹上では食べられるまでに完熟しない果物です。
そのため、収穫した後で熟していないものは固いんです。

熟したアボカドを見分けるための4つのポイントをご紹介しましょう。

皮の色

皮の色で見分ける方法はよく知られていますよね。
まだ熟していないアボカドは明るい緑色をしています。
だんだん熟してくると黒っぽい色になってきますので、全体的に深緑色のものを選びましょう。
艶と張りがあるものがいいですね。

シール

アボカドにシールが貼ってあるのを見たことがありませんか?
シールには、食べごろの目安の日にちが書いてあるものがあります。
他に、シールの色と同じ色になったら食べ頃だとわかるようなものもあります。
このようなシールが貼ってあるとわかりやすいですね。

硬さ

熟していないアボカドは触ってみると硬いです。
指でやさしく押して見たときに少し柔らかい感触がしたり、弾力を感じるようになると食べ頃です。

ヘタの周りを見る

アボカドにはヘタがついているんですが、熟してくると果肉から水分が失われてくるのでヘタと実の間に隙間ができてきます。
少しだけ隙間ができてきたころが食べ頃です。

アボカドの食べ頃を見分けるには、これらの特徴に注目してみてください。

アボカド 食べ頃の選び方!こんなアボカドは選ばないで!

食べ頃と思ったのに、切ってみら傷んでいた…!
なんてことにならないように、傷んでいるアボカドの特徴を押さえておきましょう。

スポンサーリンク

皮に艶やハリがない

皮がぐにゃっとしていたり艶感がないものは傷んでいる場合があります。

ヘタが取れている

アボカドはヘタが取れていると傷みが早いです。
もしヘタが取れていてもその部分が緑色なら大丈夫ですが、黒くなっていたりカビが生えていると実の部分も傷んでいることがあります。

色が黒すぎる

熟したアボカドは黒っぽい色をしていますが、黒すぎるものは熟しすぎて傷んでいることがあります。

柔らかすぎる

柔らかいアボカドは熟していますが、軽く押してへこみ過ぎるものや柔らかすぎるものは傷んでいます。

アボカドが緑色ときは追熟させよう!

まだ熟していない緑色のアボカドを買ったときは、追熟させてからの方が美味しく食べられます。
温度が低い冷蔵庫に入れてしまうと低温障害を起こし追熟が止まってしまいますので、追熟させる場合は常温で保存するようにしましょう。
気温や保存場所にもよりますが、2~3日で食べごろになるはずです。

常温で置いておく他に、次のような追熟方法もあります。

リンゴと一緒に保存する

少しでも早く追熟させたい場合は、リンゴやバナナと一緒に紙袋に入れて保存するか、新聞紙で包んでおきましょう。
リンゴやバナナが出すエチレンガスの効果で追熟を早めることができます。

紙袋に入れたり新聞紙に包んでおく

リンゴやバナナがないという時は、買ってきたアボカドをまとめて紙袋に入れておくか新聞紙に包んでおきます。
すると、アボカド自身の出すエチレンガスの効果で追熟が少し早まります。

まとめ

アボカドはカットして売られているわけではないので、食べ頃のものを見分けるのが難しいですよね。
少し柔らかくなっているものが食べ頃なんですが、買う時に指で次々に押してみるのはあまり印象がよくありませんしお勧めできません。
今回お伝えしたので一番わかりやすいのは「皮の色」で判断する方法です。
食べ頃の色がわかるシールが貼ってあるアボカドは多いので、艶のある深緑のものを選ぶとほぼ失敗がありません。
熟しすぎが心配な方は、買った後で追熟させる時間を考えて、少し硬いものを選ぶのがお勧めです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)