健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

長ネギと白ネギは同じ?青ネギとの違いや使い分け方はこれ!

sironegi (2)

スーパーの陳列棚には、色々なネギの種類を見ますよね。

白ネギ、青ネギ、わけぎなど。

では、白ネギと長ネギの違いってわかりますか?
もしくは、同じものなのでしょうか?

今回は、白ネギと長ネギとの関係や、青ネギとの違いについてまとめました。

スポンサーリンク

長ネギと白ネギは同じものなの?

料理のレシピを見ると、「ネギ」と書いてあったり「長ネギ」「白ネギ」などいろいろな書き方がありますよね。

長ネギと白ネギは、同じものなのでしょうか?

ネギは、白い部分を食べる「根深ネギ」と、緑色の葉の部分が多い「葉ネギ」に分けられます。
一般的に「根深ネギ」のことを「長ネギ」や「白ネギ」と呼びます。
そのため、「長ネギ=白ネギ」と、考えてよいでしょう。

ちなみに、白ネギの栽培方法は知っていますか?
白ネギは、育てるときに土を寄せて深くして、日に当たらないようにして白い部分が多くなるように育てます。

だから「白ネギ」と呼ぶのですね。
白ネギは、比較的寒さに強いため主に東日本で栽培されてきました。

白ネギの白い部分が長くて太いという見た目から、「長ネギ」と呼ばれることもあります。

私が住んでいる関西のスーパーでは、白い部分が長いネギのことは「白ネギ」として陳列されています。
料理をするときに長ネギと呼ぶこともありますが、スーパーで「長ネギ」として売られているのは見たことないですね。

青ネギと白ネギの違いは?

aonegi (2)

青ネギとは、緑色の葉の部分が長い「葉ネギ」のことを言います。
根元までよく日光に当てて緑色の部分を長く育てるので、昔から温暖な西日本で栽培されてきました。

白ネギと青ネギの違いは、見た目の違いが一番わかりやすいですね。
白ネギは白い部分が長く、青ネギは青い部分が長いです。

スポンサーリンク

「ネギ」といえば白ネギ?青ネギ?

ネギは地域によって育てられている種類に違いがあり、関西では昔から「葉ネギ」が食べられてきました。
そのため、関西でネギといえば「青ネギ」のことを指すことが多いですね。

他の地域ではどうでしょうか。

私が学生時代、こんなことがありました。
先輩や友達と「鍋料理」をすることになり、友達と買い出しに行くことになりました。

「ネギ入れるよね。ネギも買っていこうか」

と言って、友達が手にしたのは「白ネギ」だったんです。

私がいつも鍋に入れるのは「九条ネギ(青ネギ)」のことが多かったので、白ネギと九条ネギの両方を買って帰ることにしました。

そして、集まっていた人たちに見せると、西日本出身の人は「九条ネギ」派が多く、東日本出身の人は「白ネギ」派の人が多かったんですよね。

もちろん鍋に「白ネギ」を入れることもありましたが、私にとって「ネギ」と言えば「葉ネギ」のイメージしかありません。
でも、住んでいる地域によって、「ネギ」といっても色々違いがあるんだなと感じた瞬間でした。

ネギの種類による使い分けはどうする?

白ネギと青ネギは、どのように使い分けるとよいのでしょうか?
それぞれの特徴に合わせて、料理に使いましょう。

白ネギと青ネギでは、見た目の色や食感、味などに差があります。

料理のレシピに「ネギ」と書いてあったら、どちらのネギを使うかは自分の好みで決めるといいでしょう。

鍋料理などで柔らかく煮たり焼いたりして加熱する時には、「白ネギ」を使うのがお勧めです。
白ネギを加熱すると、甘みが強くなってとても美味しいですよ。

薬味などで生のまま食べるときには、「葉ネギ」がお勧めです。
葉ネギは香りが強く、生で食べるとよりネギの美味しさを感じることができますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)