健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

ブッシュドノエルを冷蔵庫で保存するときの注意点や日持ちについて

cake2018 (1)

クリスマスの定番といえば、「ブッシュドノエル」ですよね。

ブッシュドノエルを手作りする場合、一度に食べきれない時はどのように保存すればいいのでしょうか。

冷蔵庫にそのまま入れてもいいの?
ロールケーキって冷凍できるの?

など、疑問が出てくると思います。

今回は、ブッシュドノエルなどの手作りロールケーキを保存する際の注意点と、日持ちについてお伝えします。

スポンサーリンク

ブッシュドノエルを冷蔵庫に入れる時の注意点

ブッシュドノエルは生クリームをたっぷり使って作ります。
そのため、冷蔵庫に入れて保存するのが普通ですよね。
でも冷蔵庫にそのまま入れると、生クリームが乾燥して割れたり劣化してしまうので、乾燥を防ぐ必要があります。

ラップで巻くという方法もありますが、ラップに触れたところのデコレーションが崩れたりしますよね。

そこで私のお勧めは、アルミホイルで蓋を作る方法です。
この方法なら、簡単で自由な形が作れてとても手軽なんですよ。
ブッシュドノエルより少し大きめの形にアルミホイルを成形して、蓋をかぶせるようにしてケーキを覆います。

タッパーに入れるという方法も考えられますが、ブッシュドノエルをそのまま入れておけるくらい大きいタッパーを持っている人は少ないのではないでしょうか。
その点、アルミホイルなら簡単に用意できるのでお勧めです。

手作りブッシュドノエルの日持ちはどのくらい?

生クリームを使ったケーキは、なるべく作った日に食べるのが理想です。

スポンサーリンク

生クリームは水分が多いので傷みやすいですし、手作りの場合は保存料などを使っていませんよね。
生のフルーツを入れたり、デコレーションに使っていることも多いです。
フルーツも傷みやすいので、できるだけ早く食べたほうがいいでしょう。

しかし、たくさん作った場合や食べきれなかったりすることもありますよね。
その場合、作った日の翌日中には食べるようにしましょう。

食べきれずに保存する場合、必ず冷蔵庫に入れてくださいね。
生クリームを使ったケーキは常温保存はできません。

ブッシュドノエルの保存方法 長持ちさせるには?

ブッシュドノエルを長持ちさせたい場合、冷凍保存するという方法もあります。

ただし、生のフルーツは冷凍保存には向きません。

冷凍保存して長持ちさせたいと考えている場合、ケーキを作る時に生のフルーツを使わないようにするといいでしょう。

どうしても生のフルーツを使いたいときには、食べる直前にフルーツをデコレーションするのがお勧めですよ。

冷凍保存するときは、できるだけ短い時間で冷凍するために、カットしてから冷凍するといいですね。

タッパーなどに小分けにして、できるだけ空気に触れないように密閉してから冷凍してくださいね。

まとめ

ブッシュドノエルに限らず、生クリームを使って作ったケーキは、できるだけ当日中に食べるようにしましょう。

冬でも部屋の中は暖房などで温かくしてあるので、作ったケーキは冷蔵庫に入れてくださいね。

どうしても当日中に食べきれないという場合は、冷凍保存がお勧めです。
生クリームは傷みやすいので、冷蔵庫では日持ちしないということを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)