健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

ぺぺ飯とは?お酒に合うおすすめレシピを実際に作ってみた!

ぺぺ飯ってご存知ですか?
最近、関西圏でにわかに流行り出しているぺぺ飯。夫にリクエストされ我が家でも作ってみました!
これが結構好評で^^
我が家で作ったレシピと作り方のコツをまとめました。

スポンサーリンク

ぺぺ飯とは?

ぺぺ飯は、大阪の谷町にある「和魂 ほむら」と言うお店が発祥です。
谷町のソウルフードを作りたいということからメニューとして考えられました。
「ペペ」は、ペペロンチーノ、「飯」はそのままご飯のことで、ご飯の上にペペロンチーノが乗った食べ物です。
お好み焼きにご飯を合わせて食べる大阪人らしい 炭水化物+炭水化物の食べ物^^
一見ミスマッチに思えるんですが、とても美味しかったです!
発祥地である「和魂 ほむら」は焼酎と和風創作料理のお店なのでお酒との相性も◎なんですよ。

ペペ飯アレンジレシピを作ってみた!

流行りのぺぺ飯をアレンジして作った我が家のレシピをご紹介しましょう!
お酒との相性も抜群でした^^

《ぺぺ飯アレンジレシピ》

(材料)4人分
・ニンニク 4欠け
・鷹の爪 適量(お好みで)
・オリーブオイル 200㏄
・パスタ(1.4mm) 360g
・ご飯 小さいお茶碗4杯分 
・ベビーホタテ 20個くらい 
・カットねぎ 10g 
・塩 適量
・黒コショウ 適量
・チキンコンソメ 2個
・水 800㏄
・梅干し 4個

(作り方)
①ニンニクはみじん切りに、ねぎ、鷹の爪は2㎜幅に切る。
②水を沸騰させチキンコンソメを加えチキンスープを作る。
③別の鍋でパスタを茹でておく。
④フライパンでニンニク少量とベビーホタテ、ねぎを炒め塩と黒コショウを振り器に取り出す。
⑤フライパンをサッとひと拭きし、オリーブオイルと残りのニンニクを弱火で炒める。
⑥ニンニクが薄いきつね色になったら鷹の爪を加え軽く炒める。
⑦チキンスープを加え少し火を通したら茹であがったパスタを加え味を馴染ませ塩で味を調える。
⑧お皿の中心にご飯を入れ、その上からパスタとスープを加える。
⑨トッピングのベビーホタテを上に乗せ、その隣に種を省いた梅干しを乗せ完成!

(ポイント)
梅干しを入れるとペペロンチーノとご飯の相性がグッと良くなります!
パスタを作るフライパンは大きいものを使ってくださいね。
パスタを茹でる時はたっぷりの塩を加えて湯がきましょう。

チキンスープを作る時は、お鍋で煮こまなくてもお湯に固形のチキンコンソメを入れて溶かしたものをフライパンに加えてもOK!

味を整える時は塩を普通より少し多めにすると美味しいです!
多過ぎると塩辛くなってしまうのでそこが味の決め手になります。

「和魂 ほむら」のレシピを再現する時はトッピングにチキンを使うのですが、その時はあらかじめ先に作っておきましょう。
トッピングのチキンの作り方は、チキンコンソメを加えたお湯で鶏肉(我が家は胸肉を使用)を切らずにそのまま15分程煮込み火を止めてからも余熱で火を通しておきます。
煮込んだスープは、ぺぺ飯のスープとして使うといいですよ!
前日に作っておき、密封容器に入れて冷蔵庫で浸け置きしておくとチキンがパサパサするのを和らげてくれます。

スポンサーリンク

ぺぺ飯を食べた感想は?

夫からぺぺ飯のリクエストがあったのですが、折角作るのなら…と私の妹弟を招待して皆に振る舞いました。
ペペロンチーノ自体作るのが初めてだったんですが、失敗なく美味しく仕上がりました。
作り方も簡単で作業も少ないのでパスタを茹でる時間以外はあまり時間が掛からなかったです。

ぺぺ飯を食べたみんなの反応

一口食べた時にかなり感動してくれました!正直こんなに喜んでもらえるなんて思わなかったです。
カクテルやビールとの相性も良かったみたいで。見た目も良くてニンニクの香りが食欲を増すと言っていました。

気付きとポイント

パスタは1.4~1.5㎜の細めのものがご飯と食べるのには調度良いですね。
チキンスープは煮込んだりしているうちに蒸発したりして少なくなってくるので少し多めに作るのが◎
初めて作った時はスープを少なく作ってしまい、それはそれで美味しかったんですが、2回目にスープを多くするとその方が美味しかったです。

まとめ

ぺぺ飯は用意するものも少ないので材料にお金がかかることもなく簡単に作れてお酒の肴にもなります。
家飲みする時やちょっとしたパーティーで出してもいいですね。
B級グルメとして、今後全国的にも人気が出そうなぺぺ飯。
一度作ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)