健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

お歳暮にカタログギフトや商品券は失礼?無難なのは?

oseibo_R

義理の両親にお歳暮を贈る時、喜んでほしいけど、好みがよくわからなくて困ったりしませんか?そんな時、カタログギフトや商品券だと無難なような気がしますよね。
今回は、お歳暮にカタログギフトや商品券を贈る賛否についてお伝えします。

スポンサーリンク

お歳暮のカタログギフトは失礼?嬉しい?

周りの人はどう思っているのか、カタログギフトは失礼、嬉しい、それぞれの意見をご紹介します。

カタログギフトは失礼という意見

・カタログが届くと、品物を選ぶのが面倒だったのかなぁと感じてしまうこともある。

・カタログには大量の商品が載っているので、その中から選ぶのは結構大変。

・せっかくカタログから商品を選んでも、ハガキやネットから自分で注文するのが何だか面倒だと感じる。

・すぐに金額がわかってしまうので、品物のほうが嬉しい。

・カタログで選んだ商品が届くと、予想とは少し違うと感じることがある。

カタログギフトは、選ぶのが面倒に感じる方が多いようです。

カタログギフトは嬉しいという意見

・自分の好みのものがあるので、品物よりは直接選ぶことができるカタログギフトが嬉しい。

・たくさんの商品の中から選ぶのが楽しい。

・自分ではわざわざ買わないような商品が載っていることもあるので、嬉しい。

選ぶのが好きな人だと、カタログギフトは喜ばれる場合もあります。

私の場合

私もお歳暮を送りますが、義理の両親を含め、お歳暮にはカタログギフトを贈ったことはありません。相手のことを考えて品物を選びたいし、贈る相手にも、品物を贈ったほうが自分のことを考えて選んだということが伝わると思うので。

結婚式など、たくさんの人に贈り物をするときには好みが色々なのでカタログギフトが便利ですが、個人に贈る時にはきちんと品物を選びたいですね。

スポンサーリンク

カタログギフトをもらった友人は、大量の商品の中から選ぶのが大変だと言っていました。たくさん商品が載っている割には欲しいものがないという話もしていたし、気持ちが伝わってこないなぁとも。カタログギフトは、感謝の気持ちが伝わりにくいかもしれませんね。

お歳暮に商品券は失礼?嬉しい?

商品券についても、カタログギフトと同様、好みが分かれます。商品券だと好きな物に利用できるので嬉しいという人と、直接金額がわかるので失礼だという人がいます。相手との関係にもよりますが、お歳暮として義理の両親に贈るのは避けたほうがよさそうです。

私は、習い事の先生にお歳暮を贈る時に「商品券」を贈ったことがあります。先生はたくさんの人からお歳暮をもらうので、品物だと困ることがあるという話を直接聞いていたので、そんな場合は商品券でもいいと思います。

好みがわからない…お歳暮を無難に済ますなら?

義理の両親にお歳暮を贈る時には、事前に好みを聞いておいたり、他の人からよくいただくお歳暮を聞いておきましょう。好きなものを贈られると相手も嬉しいですし、他の人からもらうお歳暮と同じ品物を贈らないことも大切です。

今まで私が贈って喜ばれた品物は、「地酒・地ビール」、「高級なスイーツセット」、「地元の特産品」、「ハム・ソーセージセット」です。

「地酒・地ビール」はその土地に行かないと手に入らないものもありますので、お酒好きな御両親だと喜ばれます。

「高級なスイーツセット」は自分ではなかなか買わないものなので、贈るととても喜ばれました。

「地元の特産品」を贈ると、次に会ったときに品物のことで話が盛り上がることもあってよかったです。

「ハム・ソーセージセット」は、義理の両親に限らず、贈って喜ばれるお歳暮の一つですね。

まとめ

カタログギフトや商品券は、好みがわからない時は贈り物として便利に感じると思います。しかし、お歳暮として義理の御両親に贈るのは避けたほうがよさそうです。どんなにこだわりが強い義理の両親でも、自分達のことを考えて選んでくれたという気持ちが伝わる品物のほうが、きっと感謝の気持ちが伝わると思いますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)