健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

錦帯橋の花見の混雑状況!渋滞を回避する方法と駐車場情報

kintaikyo (21)_R

錦帯橋へお花見へ行きたい!
でも気になるのは、混雑状況ですよね。
私も先週末(4月1週目の土曜日)に実際にお花見に行ってきたのですが、すごい人でした!
お花見シーズンのマックス混雑状況や渋滞を回避するコツ、駐車場情報についてお伝えします。

スポンサーリンク

錦帯橋の花見の混雑状況

kintaikyo (5)_R

錦帯橋とお隣の吉香公園(きっこうこうえん)は、桜の名所100選にも選ばれる人気のお花見スポットです。
桜の季節には県内外から観光客が押し寄せます。

先週の土曜日は、桜がちょうど見頃でした。
私たちは電車で向かったのですが、友人は広島から車で来ていました。
「お昼頃に会えればいいね~」なんて話していましたが、車の方はすごい渋滞で…。
山陽自動車道は問題なくスースーで来れたけど、岩国ICを降りてから少ししたら渋滞だったと話していました。
通常は、岩国ICから錦帯橋までは車で10分程度ですが、その日は1時間半もかかったとのこと!
到着したのは14時頃でした。

kintaikyo (15)_R

混雑の原因は、駐車場の満車ですね。
お花見シーズンは臨時の駐車場が増設されるのですが、それでも満車になっていました。
満車になっているので車はほとんど出ない、動かない。

お弁当食べながら川の向こうの車の動きを見ていましたが本当にノロノロでした。
毎年錦帯橋にお花見に行っている友人に聞くと、毎年結構渋滞するそうで、それが当たり前になっていると。
私が電車で行ったと話すと、驚いていました。笑

ちなみに公共交通機関で行く場合も、バスやタクシーが渋滞にはまって動かない可能性が大です。
タクシーに乗ったけど降りて歩いた方が早いというケースも…。
人気のお花見スポットなので仕方がないかもしれませんが、やっぱり疲れちゃいますよね。

錦帯橋の花見の渋滞を回避するには?

お花見シーズンでの錦帯橋の混雑を回避するには、平日に行った方が良いですね。
ただ土日休みだったり、休みの予定が合わなかったりして土日になってしまう人も多いと思います。
また、移動手段としてはやっぱり車が楽ですよね。
土日にお花見に行きたい場合に、少しでも渋滞を回避する方法を考えてみました。

スポンサーリンク

朝早く行く

1つめは、渋滞回避の基本ですが早めの行動です。
朝9時くらいに着くようにできたらいいですね!
そんなに早く行っても何するの??と思われるかもしれませんが、のんびりと吉香公園を散策するのはどうでしょう。
今回、初めて吉香公園にちょっと入ってみましたが、意外と広いのです!
資料館へ入ったり、カフェでお茶したり、お花見シーズンは人力車も登場するそうです。
早めに行っておけば、いい感じの場所でお弁当食べることもできますね。

混雑する時間帯を避ける

朝早く行くのが難しい場合は、お昼時間をずらすという方法もあります。
広島からの友人が錦帯橋に到着したのが14時頃。
この頃は、帰宅する車が増えてきていました。
皆さん意外と早く帰るのですね!
駐車場が空けば、渋滞も早く進みます。
それでも渋滞するかもしれませんが、お昼のピークを目指すよりは進みやすいでしょう。

混雑していない道を選ぶ

岩国ICから錦帯橋までは2号線を通るのが一般的だと思いますが、 2号線以外を通れば早く進む可能性があります。

必ず早いという保証はできませんが、遠回りをした方が結果的に時間短縮になる場合があります。

桜の見頃になる土日は、車両通行止めの区域があります。
通行止めになる日時と場所を事前にチェックしておきましょう!

錦帯橋の花見 駐車場情報

kintaikyo (14)_R

駐車場は、臨時の駐車場合わせて約1,000台の駐車が可能です。
駐車場整理料として1日300円になります。
整理料は前払いになるため、どうしても入場に時間がかかります。
それも渋滞の一因かもしれませんね。
平日は、スムーズに駐車できるようです。

バーベキューを行なうなら、錦城橋(錦帯橋の上流)横の上河原駐車場に停めると近いので荷物が運びやすいです。

まとめ

実際に超混雑日のお昼に行ってみましたが、電車で行って正解だったなと思いました。
屋台もたくさん並ぶので、手ぶらで行ってそこでお弁当買っても楽しめますよ。
広島の友人は混雑や人混みが大嫌いと言いますが、錦帯橋の花見だけは好きで、毎年来ていると言っていました。
ワイワイものんびりもできる錦帯橋のお花見。
私もまた行きたいです^^

私のお花見体験談は、こちらの記事もどうぞ。
関連:錦帯橋へお花見へ 桜が見頃!アクセスは電車で行ってみた♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)