健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

母の日を義母に 相場は?差出人は連名?メッセージの文例も紹介

hahanohi_R

結婚して初めて迎える母の日。
母の日に贈るプレゼント…
自分の母親には毎年渡しているけど、義母には何を贈ろう?と悩まれているのでは?
今回は、義母に贈る母の日のプレゼントの相場やメッセージなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

母の日に義母にプレゼントを贈る場合の相場の金額は?

義母には今後のことも考えて、自分の母親よりいいものを贈るべきなのか悩み人もいるでしょう。
母の日の義母へのプレゼントの相場はいくらくらいのものを買えばいいのか。
プレゼントの相場とポイントをご紹介しましょう!

義母に贈るプレゼントの相場
一般的な金額…3,000円~5,000円
我が家の場合…5,000円くらい

プレゼントの金額を決める際のポイント

ポイントとしては、毎年のことなので無理のない金額設定にすること!
自分の母親と同じものをプレゼントする人が多いです。
ですが、義母だからと高いものを買う必要はありません。

我が家の場合、誕生日や結婚記念日などのお祝いをまとめて母の日に贈るのですが、以前高価なものをプレゼントした時あまり嬉しそうではありませんでした。
私の義母は、無理に高いものを買うより日々の生活を上手くやり繰りして過ごしている方が嬉しかったようで…。
背伸びした贈り物より、気持ちばかりですが…といった贈り物の方が可愛げがあるみたいですね。
さらに、贈り物にメッセージカードをつけて日ごろの感謝を伝えると喜ばれます^^

母の日に義母に贈る場合、差出人は連名がおすすめ!

遠方で暮らす義母に贈り物をする時は、そこまで行って直接渡す…ということはなかなか出来ないですよね。
多くの人が宅配で母の日のプレゼントを贈ると思います。
そのときの差出人の名前について。
本来は差出人名は代表者を書くので夫の名前を書きますが、自分が考え贈ったことを相手に伝えたいですよね。
そんな時は、差出人名を連名にするのがおすすめです。
連名にすることで「私が用意したのよ」アピールをしちゃいましょう。
書き方は、夫から先に書き、その横に自分の名前を書きます。
添えるメッセージを同封する場合は、メッセージだけを連名にしてもいいですね。

スポンサーリンク

母の日 義母にメッセージを添える際の文例

では、プレゼントに添えるメッセージの文例と気をつけるべきNG表現をご紹介しましょう!

お母さんへ

いつも気にかけて頂きありがとうございます。
お母さんの優しさや温かく見守っていて下さることに感謝の気持ちでいっぱいです。
どうかこれからも元気で明るいお母さんでいて下さい。
お盆にはまた帰省しますので、お会いするのを楽しみにしています。
温かくなり過ごしやすい気候になりましたが、お体には気をつけてお過ごしください。

お母さんへ

いつも美味しい野菜を送ってくれたり気にかけて頂きありがとうございます。
箱を開ける度にお母さんの優しさを感じ、胸が一杯になります。
感謝してもし切れないくらいです。
頑張り屋のお母さんなので、無理をされていないか心配です。
またお会いできることを楽しみにしています。
風邪など引かないようにご自愛ください。

気をつけるべきNG表現
・義理
・義母
・お義母さん

※義理のお母さんであっても、「お母さん」と書くようにしましょう。
お義母さんという表現は、かなり余所余所しくなりますし、あまり良くない印象を与えてしまいます。

まとめ

義理のお母さんには何かと気を遣いますよね。
母の日に感謝の気持ちを伝えるのはとても大切な事です。
この機会を利用して、義母との関係を良くしていきたいですね^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)