健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

バーベキュー 肉の量は一人前何グラム?準備する種類と組み合わせも紹介!

meat_R

仲のいい4家族でバーベキューをすることに…
お肉担当になったけど、一人前何グラム用意すればいいの?
と、困っちゃいますよね。
今回は、バーベキューのお肉の量や種類と組み合わせについてまとめました。

スポンサーリンク

バーベキュー 肉の量は一人前何グラム?

大人数のバーベキューはそれぞれお肉担当や道具担当など担当が決められることが多いですよね。
一般的にバーベキューのお肉の量は、一人前200~300グラムです。

男女年齢別 お肉の量

・女の子 200グラム
・男の子 250グラム

・女性 250グラム
・男性 300グラム

食欲旺盛な男の子なら300グラムで計算してもOKです。
全体的に食が細い人が多いなら女性を200グラムにしても◎
普段の食事量を思い出しながら量を決めるといいですよ。

私の体験談

社会人になってから友人4人(男2人+女2人)と初めてバーベキューに出かけた時のこと…
バーベキューの道具を購入した嬉しさから、ついついお肉を多めに購入。(一人300グラム×4人前+ソーセージその他)
他の食材もあったのでお腹がいっぱいになってお肉が残ってしまい持って帰ることにしました。

でも、クーラーボックスの中の保冷剤や冷蔵するためのものはすでに溶けているものがほとんど…
それをかき集めて肉の回りに置きましたが、帰ってクーラーボックスを開けると怪しい匂いが…><;
割り勘で出し合ったので、友達にも余計なお金を使わせてしまい申し訳なかったですし、捨ててしまうのがすごくもったいなかったです。

お肉はちょっと足りないかな?くらいがちょうどですよ。
残ると良くないから…と後半は半ば無理に食べていた記憶が…
お肉以外にも食べるものがあるので、それも考慮してくださいね。

スポンサーリンク

バーベキューで準備する肉の種類と量の例

では、どんな種類のお肉をどのくらい用意すればいいんでしょうか?
ここではバーベキューの肉の種類と量の組み合わせ例をご紹介しましょう。

肉の種類


・カルビ
・バラ
・ハラミ
・ロース


・トントロ
・スペアリブ


・もも肉
・焼き鳥
・手羽先

加工食品
・ソーセージ
・ハムステーキ
・厚切りベーコン

その他
・味付きホルモン
・ミノ

バーベキューで一番多く食べられているのがカルビですね。
牛の中で安くて量を用意できるのでよく選ばれます。

種類と量の組み合わせ例

ここでは一人前の場合と大人数でざっくり用意する場合の2通りの例をご紹介しましょう。

《一人前の参考例》


・味付きカルビ 100グラム
・バラ 50グラム
・ハラミ 50グラム
・トントロ 50グラム
・ソーセージ 2本


・カルビ 100グラム
・スペアリブ 50グラム
・鶏もも肉 50グラム
・フランクフルト 1本


・ロース 100グラム
・ハラミ 100グラム
・トントロ 50グラム
・味付きホルモン 50グラム

 


・カルビ 50グラム
・ハラミ 50グラム
・ロース 50グラム
・トントロ 50グラム
・焼き鳥 2本
・厚切りベーコン 1枚(カットしたもの)


・味付きハラミ 100グラム
・ロース 50グラム
・スペアリブ 50グラム
・もも肉 50グラム
・ハムステーキ 1枚

一人前を参考に、人数をかけてくださいね。
組み合わせ次第であっさりしたセットからこってりしたセットまでいろいろ違いが出せますよ。
大人の種類と子供の種類を別々にするのもありですね!

2家族(男性2人女性2人男の子3人女の子3人)の10人分を参考に見てみましょう。

男性300グラム×2
女性250グラム×2
男の子250×3
女の子200グラム×3

=2,450グラム

とう具合になります。
2,450gのお肉…をどう組み合わせようか。

ということで、こんな組み合わせはいかがでしょうか?

◎ベーシックセット

・カルビ 1キロ
・ハラミ 500グラム
・トントロ 200グラム
・スペアリブ 500グラム
・鶏もも肉 200グラム
・ソーセージ 10本入り×2袋

◎ガッツリ肉セット

・味付きカルビ 1キロ
・ハラミ 500グラム
・ロース 300グラム
・スペアリブ 300グラム
・焼き鳥 20本 
・フランクフルト 10本

◎バラエティーセット

・カルビ 500グラム
・ハラミ 500グラム
・ロース 300グラム
・トントロ 200グラム
・手羽先 10本
・ステーキハム 6枚(半分にカット)
・厚切りベーコン 1本
・ソーセージ 10本入り×2袋

例を参考にお好みの種類と量を選んでくださいね。
一緒に行く人達の普段の食事量を思い浮かべながら考えてみましょう。

お肉を選ぶ時は1種類を大量に用意するよりいろんな種類を持って行く方が喜ばれますよ。
また牛肉が苦手な人など、好みもあるので豚肉や鶏肉も用意した方が◎
生肉は暑さに弱く傷みが早い上に菌が繁殖しやすいので、量は少し物足りないくらいがちょうどいいです。
食欲旺盛な人がいて絶対完食してくれるなら多めに持って行ってもOKですが、持ち帰りのリスクも考えておきましょう。

関連:バーベキューの肉の保存と持って行き方はこれ!

まとめ

お肉を用意するのってけっこう難しいですよね。
多くて良いお肉にすると割り勘の時に嫌な顔をされたり、少ないと「ケチっている」と思われたり…
私の経験ではお肉の量は、一般的な量を持っていくのがベストです!

足りないようであれば、お肉ほど保存が難しくないソーセージなどの加工食品を多めに持って行くと良いですよ◎
焼くときも、まずは生肉から沢山焼いていくようにしてくださいね。

>>バーベキューの準備関連の記事一覧はこちら!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)