健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

エアコンの冷房とドライの違いや涼しいのは?電気代も比較してみよう!

eakon_R

エアコンには冷房とドライがあるけど、何がどう違うの?どっちを使えば涼しい?
冷房とドライの違いって知っているようで意外に知らないですよね。
そこで今回は、エアコンの冷房とドライの違いやそれぞれの特徴についてご紹介します。

スポンサーリンク

エアコンの冷房とドライの違いとは?

暑い日には欠かせないエアコン…
エアコンの冷房とドライの働きにはどんな違いがあるんでしょうか?
それぞれを見てみましょう!

冷房とは

エアコンの冷房機能は、設定の温度まで空気を冷やすのが目的!
古いタイプと新しいタイプで構造や働きに若干違いはありますが目的は一緒です。
エアコン内で作り出した冷気を送風口から出して室温を下げます。

ドライとは

エアコンのドライ(除湿)機能は、部屋の湿度を下げるのが目的!
温度を下げることで湿度も下げます。
古いタイプのエアコンは、ファンが低速回転するので弱めの冷房といった具合…
新しいタイプのものは、エアコン内で空気を一旦冷やし余分な水分を集めて取り除く「弱冷房除湿」とそこから設定温度に温めて直して空気を送る「再熱除湿」があります。
湿度を取ってカラッとした空気にするのがドライの働きです。

冷房とドライは目的が違い、それに合わせてエアコンの動きも変わっています。
つまり冷房でも除湿効果があるのです!
ドライ機能は、部屋の温度が冷たくなり過ぎないようにする働きもあるんですね。

エアコンの冷房とドライ 涼しいのはどっち?

エアコンの冷房とドライはどちらが涼しく感じるんでしょうか?
冷房とドライを同じ温度設定にした場合を比べました!

◎使用したエアコン
・富士通 ノクリアS(2010年)
・設定温度27℃
・梅雨時期に使用

冷房とドライ涼しいのはどっち?

冷房とドライを使い比べた私の率直な感想は、冷房が涼しいということ!
冷房は付けて短時間ですぐに冷風が流れて涼しくなり、空気もカラッとして過ごしやすかったです。
ただ、梅雨時期は冷房は利き過ぎて寒くてすぐに切りました。
一方ドライは、あまり涼しくならなくて雨の日は湿気の臭いが気になるので家族にも不評です。
エアコンが新しいものならもう少し涼しいのかも…

スポンサーリンク

我が家の場合、ドライはあまり効果を感じないので冷房を付けていますが、ドライで十分涼しくなるから夏はずっとドライにしているというご家庭も…
涼しいのは冷房ですが、冷えすぎないように健康のことを考えるとドライを使った方がいいですね。

エアコンの冷房とドライ 電気代を比較すると?

エアコンの冷房とドライでは、冷房の方が電気代が高いように思われがち…
でもケースによっては、冷房の方が安い場合もあります。
冷房とドライそれぞれの電気代比較の一例をご紹介しましょう!

再熱除湿よりも冷房が安い

新しいタイプのエアコンなら冷房の方が安いということも…
さきほど紹介したように、エアコンの除湿は機種によって再熱除湿と弱冷房除湿の2種類があります。
再熱除湿は、一度冷やして除湿した空気を再び温めてエアコンから出すので温める分電気代もかかります。
これによってドライよりも冷房が安くなることがあります。

冷房よりも弱冷房除湿が安い

再熱除湿は冷たくした空気をまた温め直しますが、弱冷房除湿は冷房よりも電気代が安いです!
熱交換機で空気中の余分な水分を集めて室外に流し出す弱冷房除湿は、冷房に比べて消費電力が少ないんですね。

古いタイプはドライの方が安い

古いタイプのエアコンのドライ機能は、ファンの回転を遅くした弱冷房。
つまり冷房の回転より遅くしているだけの違いなので、ドライの方が電気の消費量が少ない傾向があります。

再熱除湿>冷房(高めの温度設定)>弱冷房除湿
の順で電気代が高くなる傾向があります。
除湿にも2種類あるので自分の家のエアコンはどのタイプなのか取扱い説明書を再度チェックしてみましょう。

※こちらでご紹介したことはほんの一例です。
製品によって異なりますのでご参考まで…

まとめ

電気代が一番かかる再熱除湿ですが、梅雨時期に冷房を使うと冷え過ぎるので温度を変えずに除湿がしたい時におすすめ!
使う時期によって除湿や冷房を使い分けるようにして下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)