健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

アイリスオーヤマ 熱風オーブンFVX-M3AとFVH-D3Aとの違いは?

recook (3)_R

アイリスオーヤマの「リクック熱風オーブンFVX-M3A-W」を購入しました!
この機種の前のモデル「ノンフライ熱風オーブン FVH-D3A-R」とかなり迷いました。
なぜ私が、FVX-M3A-Wにしたのか?その理由と、2つの違いについてお伝えします。

スポンサーリンク

アイリスオーヤマ FVX-M3A-WとFVH-D3A-Rとの違い

今回比較するのは、アイリスオーヤマの熱風オーブンです。

ノンフライ熱風オーブン FVH-D3A-R

recook3 (2)_R

リクック熱風オーブンFVX-M3A-W(新しい方)

recook3 (5)_R

「ノンフライ熱風オーブン」と「リクック熱風オーブン」と名前は違いますが、見た目はかなり似ています。
その違いについてお伝えします。

外観の違い

まず外観の違いです。
どちらもサイズと重さは一緒になります。

色は、FVH-D3A-Rがレッドで、FVX-M3A-Wがホワイトになります。
個人的には赤い家電が好きなので、FVX-M3Aにレッドがあればより良かったですね!

操作画面に大きな違いがあります。
FVH-D3A-Rはダイヤル式、FVX-M3A-Wはタッチボタン式です。
ダイヤル式だとちょっとチープ感があるのと、掃除のしやすさの面でもタッチボタンの方が良いかなと個人的に思います。

機能性の違い

ノンフライ熱風オーブン FVH-D3A-R (発売 2014年4月)
リクック熱風オーブンFVX-M3A-W (発売 2015年2月)

発売時期は約10ヶ月ずれています。
リックク熱風オーブンの方が最新機種となり、機能面では改良が感じられます。

まず、1番の進化は自動調理機能が付いたことでしょう。
前のモデルでは、自分で温度や時間を設定しなければいけませんでした。
しかし新しい方では、自動調理メニューがあり、調理するときは料理メニューのボタンを選ぶだけです。
温度や重さを計測し、自動で調理時間や温度を調整してくれます。
もちろん、手動でも調理は可能です。
でも自動調理だと微妙な調整ができないのではないか?と、気になりますが、この点は心配無用です。
「仕上がり調整」ボタンがあり、「強め」「標準」「弱め」で調整できます。
トーストの焼き加減も自分の好みに調整できますね!

また、リクックでは庫内灯が付きました。
庫内灯って電子レンジでは当たり前の機能ですが、トースターにはあまりついていないのではないでしょうか。
庫内灯が付いたことで、調理中の様子がよく見え、蓋を開けなくてもどのような状態か確認しやすいです。

スポンサーリンク

口コミの違い

実際にはどちらが人気なのか?Amazonの口コミを比べてみます。

アイリスオーヤマ ノンフライ熱風オーブン FVH-D3A-R
口コミ件数:119件
5つ星のうち 4.1

アイリスオーヤマ リクック熱風オーブン ホワイト FVX-M3A-W
口コミ件数:37件
5つ星のうち4.5

口コミの件数は前機種の方が約3倍ありますが、発売時期が早いのでそれは当然かもしれません。
満足度的には、最新機種の方が満足度が高いですね。
ですがどちらも星4つ以上という、満足度の高い商品なのがわかります。

前機種で低い評価をしている人の口コミをみてみると
「ダイヤルが安っぽい」
「ダイヤルがすぐに壊れた」
「本体が熱くなりすぎる」
「大きくて邪魔」

…などの口コミがありました。

リクックになると、そういった口コミは見られません。
1件だけ、「ヒーターが壊れた」というコメントがありましたが、他の口コミをすべて星3つ以上というかなりの高評価をされています。

リクックは後継機種になるので、前の機種の口コミを読んでどういったものか想定して購入された方も多いでしょう。
そうすると大きさの問題や、本体が熱くなることはわかっているのでそこでの不満は少なくなるのは当然ですね。
機能も増えているので、機能面においても評価は高くなっています。

値段の違い

最終的にはコストパフォーマンスですよね。
Amazonでの販売価格はこちらになっています。

アイリスオーヤマ ノンフライ熱風オーブン FVH-D3A-R
参考価格: ¥ 34,759
価格: ¥ 11,906

アイリスオーヤマ リクック熱風オーブン ホワイト FVX-M3A-W
参考価格: ¥ 42,984
価格: ¥ 18,535

※価格は2016年4月27日現在のもので、変動している場合があります。

元値に1万近くの差がありますが、現在では6,500円程度の差ですね。
私は自動調理、庫内灯、タッチボタン式のことを考えて最新機種の方がお得だと思い、リクックを購入しました。

スポンサーリンク

まとめ

価格が安いのは、ノンフライ熱風オーブン FVH-D3A-R。
機能的に優れているのは、リクック熱風オーブン ホワイト FVX-M3A-W。

結局どちらが良いのでしょうか?
実際使用している私としては、日々使う物ですから使いやすいに越したことはないと思います。
我が家では1週間に3~4回は使うレギュラー家電ですので。
どちらにしても、アイリスオーヤマの熱風オーブンはすごく使えます!

  • ダイエット中で揚げ物のカロリーが気になる人
  • お惣菜を美味しく食べたい人
  • 揚げ物が好きだけど、家で揚げ物調理ができない人

には、ぜひおすすめしたいですね^^

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイリスオーヤマ ノンフライ熱風オーブン FVH-D3A-R
価格:10700円(税込、送料無料) (2016/12/5時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイリスオーヤマ リクック熱風オーブン FVX-M3A-W
価格:13890円(税込、送料無料) (2016/12/5時点)

こちらの記事もどうぞ!
関連:リクック熱風オーブンFVX-M3A-Wを使った私の感想・レビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)