健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

くちゃくちゃ食べる人へ注意したい…逆ギレされないコツは?

cookingk_R

食べ物を食べるとき、くちゃくちゃ食べる人が気になってしまうことってありませんか?
一緒に食事していると気になるので、注意したいけどどう言ったらいいのかわからないという人は多いのではないでしょうか。

注意すると逆ギレする人もいますしね。

今回は、くちゃくちゃ食べる人への対応を例文も交えてご紹介します。

スポンサーリンク

くちゃくちゃ食べるのを注意する言い方例

くちゃくちゃ食べている人に注意したいけど、できれば相手に不快な思いをさせないようにしたいですよね。
自分がくちゃくちゃ食べている自覚がない人もいますので、言い方には工夫が必要です。

どのように言えばいいのが、例文を挙げてみましょう。

「食事中にくちゃくちゃ音がしているよ」

相手のことを真剣に考えるなら、まずはストレートに伝えてみてはどうでしょうか。
くちゃくちゃ音を立てて食べていても、自分では気づいていない人も多いんです。
まずは音が出ていることを伝えて、自覚してもらうことも必要だと考えます。

「食事中に鼻呼吸できていないみたいだよ」

くちゃくちゃ音を立てて食べる人は、鼻が詰まっていて鼻呼吸ができないために音がしてしまうという人も多いです。
花粉症や風邪の時に鼻呼吸できなくて、くちゃくちゃ音がしてしまうのが癖になってしまう人もいるんですよね。
鼻が詰まっていなくても口呼吸になってしまっている人は、少し注意するだけでよくなることもあります。

スポンサーリンク

「食事中に口が開いているみたいだよ」

直接くちゃくちゃ音が出ていると言われると、不愉快に思う人もいます。
くちゃくちゃ食べるのを直してほしいと思っても、直接言うのではなく、まずは口が開いているということを伝えてみましょう。
口を閉じて食べることができれば、くちゃくちゃ音がしなくなりますので直すことができますよね。

一度くちゃくちゃ食べる癖がついてしまうと、すぐには直すことはできません。
怒ったり焦ったりせず、優しく伝えることをお勧めします。

クチャラーに注意すると逆ギレする心理は?

くちゃくちゃ食べる人に注意すると、逆ギレして怒ってしまう人もいますよね。
相手のことを思って注意していても、上手く伝わらないこともありますよね。

怒ってしまう人は、自分でもくちゃくちゃ食べていると自覚している人も多いんです。
わかっていても癖になっていてなかなかやめられないことを、他人から指摘されると、どう感じるでしょうか。

できないことを指摘されて恥ずかしいという気持ちを隠したいという思いから、逆ギレしてしまうという人もいるでしょう。

そして、くちゃくちゃ食べる人は、家族も同じようにくちゃくちゃ食べているという環境で育っているかもしれません。
そんな人にくちゃくちゃ食べることを注意すると、自分だけでなく、家族も否定された気持ちになってしまうのではないでしょうか。

まとめ

くちゃくちゃ食べてしまう癖を治すためには、まずは相手にくちゃくちゃ食べていることを気付いてもらうことが大切です。

そして、改善のために自分で努力すること、続けるための動機づけを持つことが必要になります。

早く直してほしいと思っていても、きつく注意したり怒ったりするのではなく、相手の気持ちを考えて優しく伝えるようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)