健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

アイリスオーヤマ エアリーマットレスを辛口レビュー!

neru_R

毎日長時間横になる寝具選びは、慎重になりますよね。

腰痛の改善目的で、2年前にアイリスオーヤマのエアリーマットレスを購入しました!
果たして効果はあったのか?
また、使ってみた使い心地や使用感、また2年経過後の耐久性などについて辛口評価してみました。

スポンサーリンク

アイリスオーヤマ エアリーマットレスを辛口レビュー!

エアリーマットレスを購入したきっかけ

私は、以前から腰痛が気になることがありましたが、出産してからさらに腰痛に悩まされるようになりました。
特に寝起きの腰痛が酷く、すぐには起き上がることができない日々が続いたんですよね。
寝具を変えることで腰痛が楽になったというネットの口コミを見たことがきっかけで、敷布団を見直してみようと思いました。

腰痛持ちの人は高反発マットレスを勧めている場合が多く、私も高反発マットレスを探すことに。
中でもアイリスオーヤマのエアリーマットレスの価格は手が届きやすい価格だったため、購入することに決めました。

購入前に気になったこと

アイリスオーヤマのエアリーマットレスの購入前に、私が気になったのはこちらです。

腰痛の改善効果

まず、1番の目的である腰痛改善効果についてですね。
敷布団を変えただけで本当に腰痛が改善されるのか?
口コミを見ただけでは判断できませんでした。

耐久性について

エアリーマットレスの芯材の中身は、空洞の特殊素材とのこと。
長く使い続けた時の耐久性も気になっていました。

冬は寒い?芯材の音?

また、冬に寒いという口コミや、マットレスに乗ると芯材の音が気になるという口コミもあったため、その点も気になりました。

アイリスオーヤマ エアリーマットレスの使い方

購入した商品詳細

実際に購入した商品は、MARSシリーズのシングルサイズです。

厚さは約5センチで、ニット生地とメッシュ生地が両面のカバー付きのため、リバーシブルで使うことができるタイプです。

エアリーマットレスの使い方

エアリーマットレスは直置きもできますが、私は畳の上にマットレスを敷き、その上にエアリーマットレスを敷いています。

エアリーマットレスのお手入れ方法

エアリーマットレスは、芯材が特殊素材のため水洗いできるとのこと。
ですが、カバーを洗ったことはありますが、中は購入してから一度も水洗いはしたことがありません。
なぜなら水洗いするほど汚れたことがなかったので…。
三つ折りにできるので、普段は三つ折りにして部屋に立てかけています。

通気性がいいため、毎日立てかけておくだけで湿気対策になりますよ。
ちなみに布団乾燥機は使用していません。
詰め物が変形するため、電気毛布やアンカなどの使用はしないでくださいという説明があったので。
これは、ちょっと残念だった部分ですね。

スポンサーリンク

アイリスオーヤマ エアリーマットレスの評価

腰痛改善効果について

現在2年弱くらい使用していますが、腰痛が劇的に改善されたという感覚は残念ながらありません。寝返りがしやすくなったと感じたこともないですね。

耐久性(へたり具合)について

耐久性があるということでしたが、この点については少し疑問がありますね。
たしかに体が沈み込むことはありませんが、毎日同じ場所で寝ているためか、お尻があたる辺りが凹んできています。
10年以上使える計算とあったのですが、2年で凹んでしまうとは!

冬は寒いのか?

購入前に気になっていた「冬に寒い」という点は、布団に暖かめの敷きパットを付けていたためか、特に気になることはありませんでした。

マットの芯材の音について

マットレスに乗る時にキシキシ音がします。
個人的には、それほど気にならない程度でした。

腰痛改善目的で購入しましたが、あまり効果は感じられませんでした。
ですが、口コミでは「効果があった!」という人もいるので、効果には個人差があるようです。

高反発マットレスには色々な種類があって、値段もピンきりですよね。
アイリスオーヤマのエアリーマットレスは価格は高くないので、一度は高反発マットレスを試してみたいという人には試しやすい商品だと思います。

最後に

寝具は毎日使うものですが、一度購入するとなかなか買い替えられないものですよね。
エアリーマットレスを使ってみて、私の場合、残念ながら腰痛改善効果は感じられていません。
ですが、マットレス自体は軽くて扱いやすく、使いやすいです!

お値段も高反発マットレスの中ではお手頃なのもポイント。
高反発マットレスが気になっている人は、試してみてもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)