健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

花粉症対策にも甘酒?甘酒レンコンの作り方や飲み方を紹介!

amazake (3)_R

引き続き甘酒ブームですが、花粉症対策としても甘酒を飲むといいというのが話題になっていますよね。

どんな飲み方が効果的なのでしょうか?

今回は、花粉症の方におすすめの甘酒の飲み方についてお伝えします。

スポンサーリンク

花粉症対策に甘酒がいいって本当?

「世界一受けたい授業」で紹介された今注目の花粉症対策が、甘酒にレンコンをすりおろしたものを加える「レンコン入り甘酒」を飲むというものです。

レンコンと甘酒?と、ミスマッチな気もしますが、一緒に摂ることでより効果が期待できるそうです!

花粉症には甘酒+れんこんが最強

なぜ甘酒とレンコンを合わせるといいのでしょうか。それぞれの効能をお伝えしますね。

甘酒の効能

米麹から作る甘酒には、植物性乳酸菌が豊富に含まれています。
この乳酸菌が腸内環境を整えてくれることで体の免疫力アップにつながり、花粉症の症状改善によいとされています。

れんこんの効能

花粉が体内に入ると、IgEという抗体ができます。IgEの量が多いほど、鼻づまりや花粉症の症状が多く出てしまうんですよね。
レンコンに含まれるポリフェノールにはIgEを増やさないように抑制する働きがあります。

また、レンコンは私たちの体内にある「ムチン」という粘膜の主成分を含んでおり、この「ムチン」を摂取することで、鼻の粘膜の保護が期待できるのです。

れんこんは乳酸菌と一緒に摂取すると高い効果が期待できるので、「甘酒+れんこん」は最強のコンビと言えるでしょう。

甘酒レンコンの作り方

それでは、テレビでも紹介された甘酒レンコンの作り方をご紹介しますね!

甘酒レンコンの作り方

レンコンのポリフェノールは皮に多く含まれているので、キレイに洗って皮ごとすりおろしましょう!量はお好みの量を。

すり下ろしたレンコンを甘酒に混ぜるだけで、簡単に美味しく飲むことができます。

ツブツブが気になるという人はミキサーを使ってみてください。細かくなるので飲みやすくなりますよ。

おろしショウガを少しだけプラスすると、また違った味になります。

甘酒は市販のものでもいい?

甘酒を手作りするのが面倒だという人は、市販の甘酒でも大丈夫です。

瓶に入っているような量の多いものから、一回分に分けて売られているものなど色んな種類があります。
味も様々ですので、自分の好きな味を見つけてみるのもいいですね。

スポンサーリンク

甘酒には酒粕と米麹、2種類の原料の違いがあります。
甘酒レンコンに使用する甘酒は、アルコール成分を含まない米麹で作る甘酒を選んでください。子供も安心して飲むことができますよ。

レンコンパウダーでもよい?

毎日甘酒レンコンを飲もうとすると、レンコンをすりおろすのが大変ですよね。
そんな人にはレンコンパウダーを使うのがおすすめします。

パウダータイプだと、甘酒だけではなくヨーグルトやお味噌汁などに入れることもできますし、手軽に毎日摂り続けることができますよね。

まとめ

花粉症の症状で困っているけど、薬に頼りたくないという人は多いでしょう。
一度飲めば効果があるというわけではなく、継続して摂ることで効果が期待できます。
レンコンパウダーや市販の甘酒をうまく活用して、美味しく続けて飲んでみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)