健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

花粉症の薬 クラリチンが効かない?効果と眠くならない市販薬について

kahunsyou (3)_R

花粉症の薬として、「クラリチン」が市販薬として発売されました。
1日1回1錠でOK、しかも眠くなりにくいなんて気になりますよね!

でも「効かない」なんて口コミもチラホラ…。
今回は、花粉症薬クラリチンの効果と効き目について、体験談も交えてお伝えします。

スポンサーリンク

花粉症の薬クラリチンは効かない?

花粉ラクチン♪クラリチン♪

井川遥さん出演のCMでも気になるクラリチン。

私の夫は、子どもの頃から花粉症です。クラリチンが薬局で購入できるようになると、夫も服用を始めてみました。新しい薬を試してみたかったとのこと。

しかし、服用し始めたのが2月下旬を過ぎてからだったため、すでに花粉症の症状が少し出始めた頃。
クラリチンは早めに飲み始めることで効果をより発揮する薬のようで、夫にはあまり効果が感じられませんでした。
さらに、鼻水・鼻づまりのほかに咳や喉の痛みという症状が辛い夫には、クラリチンだけでは、症状の改善があまり感じられなかったようです。

クラリチンの花粉症への効果。効き目は弱め?

クラリチンとはどのような薬なのでしょうか?特徴をまとめました。
クラリチンは、抗アレルギー作用も兼ね備えた抗ヒスタミン薬である「ロラタジン」を配合したアレルギー専用鼻炎薬です。
花粉などによる鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状が辛くなる前に早めに服用することで、抗アレルギー作用を発揮します。

医療用と同量・同成分配合なので1日1回1錠で効き目が持続。
「ロラタジン」は脳に入りにくい成分のため、アレルギー症状はしっかりと抑えながら眠くなりにくく、集中力や判断能力・作業能力の低下を起こしにくいとされています。

また、抗コリン薬を配合していないので、口が乾きにくく唾液の分泌を妨げません。

花粉症の症状が重く出てしまった後にクラリチンを服用し始めると、効き目が弱いと感じる人が多いです。花粉症による鼻炎の症状を抑えるには、花粉を感じる前から継続して飲み続けることが大事なのかもしれません。

スポンサーリンク

花粉症の薬で眠くならない市販薬は?

クラリチンは、眠くなりにくいよう改善された第2世代抗ヒスタミン剤が主な成分です。
花粉症の薬には、他にも眠くなりにくい成分のものがあります。我が家の夫に合っていたのはこちらの薬です。

アレグラFX(久光製薬)

嵐の大野智さんが出演のCMで、知名度も高いアレグラFX。
アレグラフェキソフェナジン塩酸塩配合のアレルギー専用鼻炎薬で、1日2回服用で空腹時でも飲むことができます。
眠くなりにくいと感じましたが、1日2回の服用が必要なので飲み忘れに注意です。

アレジオン10・20(エスエス製薬)

こちらは武井咲さんが出演のCMでしたね。
「アレジオン」は、エピナスチン塩酸塩配合のアレルギー専用の鼻炎症状改善薬です。
1日1回の服用で効果を発揮します。
アレジオン20は10より効果がありましたが、アレグラより眠気を感じることがあったようです。

小青竜湯(ツムラ、クラシエなど)

小青竜湯(ショウセイリュウトウ)は漢方薬です。
花粉症で水っぽい鼻水が出ている時に。
風邪で鼻水に困っている時にも使用しています。

総合的にみると、我が家の花粉症の家族の体質に一番合っていたのは「アレグラFX」でした。
どれも眠くなりにくいとされていますが、アレグラが一番眠気を感じにくかったようです。

まとめ

同じ薬でも、体質によって効果や副作用の出方に違いがあります。
ネットの口コミや情報も気になるところですが、自分に合う薬を探してみましょう!
点鼻薬や点眼薬なども併用すると、さらに花粉症への効果が期待できますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)