健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

善玉菌のチカラの口コミ【愛飲歴3年】花粉症への効果について

zendamakin

花粉症の時期のツライアレルギー症状。
どんな対策をしていますか?

我が家の夫も子どもの頃から花粉症です。
3年前から「善玉菌のチカラ」を飲み始めて、花粉の季節が楽になってきたといいます。
花粉症だけでなく、体調の変化も色々あったようです。
今回は、我が家で実際に飲んでいるサプリメント「善玉菌のチカラ」について紹介します。

スポンサーリンク

善玉菌のチカラを飲み続けて3年 我が家の口コミ

我が家では、夫と娘が毎年花粉症に困っています。

夫は子供の頃から花粉症の症状が出ていたそうです。
鼻水、鼻づまりが酷く、咳が出て喉が痛くなることもあります。
夜寝ている時も咳が出るので、花粉の時期は睡眠不足の日も多いです。
鼻づまりが酷くなると頭痛も起こり、耳鼻科で吸引してもらっても症状がよくなるのはその日だけという、重度の花粉症です。

娘は3歳の頃から、外で遊んだ次の日はくしゃみや鼻水が酷く出たり、目が痒く擦ってしまい腫れあがるといった症状が出るようになりました。
こういったアレルギー症状が続くと咳が出るようになって、軽い喘息の前段階のような症状で夜も眠れず悩まされるようになりました。

「善玉菌のチカラ」を飲み始めたきっかけ

我が家では以前から、フジッコのカスピ海ヨーグルトの手づくり菌種セットを公式通販サイトで購入していました。
その時にカスピ海ヨーグルトの乳酸菌サプリである「善玉菌のチカラ」をチラシで知り、飲んでみることにしたんです。

飲み始めたのは3年位前からで、現在も飲み続けています。

「善玉菌のチカラ」の特徴

「善玉菌のチカラ」は、カスピ海ヨーグルトの乳酸菌(クレモリス菌FC株)が主成分。
1粒に20億個以上凝縮してカプセル化しており、善玉菌をサポートする食物繊維も配合されています。
さらにカルシウムもプラスされており、手軽に補うことができます。

乳酸菌には腸内環境を整える効果がることはご存知の方が多いですよね。
花粉症のアレルギー症状が起こってしまうのは、免疫機能のバランスが乱れることが原因なので、腸内環境を整えることでアレルギー症状の改善につながります。

スポンサーリンク

私達家族も、この「腸内環境を整える」というところに魅力を感じて、飲んでみることにしました。

また、サプリは長期間飲み続けないと効果が感じられないと思っていたので、定期コースで割引率がいいという点も「善玉菌のチカラ」を選ぶポイントになりましたね。

「善玉菌のチカラ」の飲み方や味について

「善玉菌のチカラ」は、1日1粒~2粒を目安に飲むことが推奨されています。
夫は1日1粒を朝食後に飲んでいます。
効果が感じられない人は、一度に2粒飲むのではなく、朝、夕に分けて1粒ずつ飲んでみることをおすすめします。

「善玉菌のチカラ」は、カプセルタイプなので、味やニオイを感じずに飲むことができます。

「善玉菌のチカラ」の花粉症への効果は?

夫の体調の変化としては、飲み始めて一週間くらいで便通がよくなったと言っていました。
元々便秘はあまりしない体質でしたが、このサプリメントを飲み始めると便の後のお腹のスッキリ感が前より感じられるようになったそうです。

夫は、花粉症以外の時期もずっと飲み続けています。
腸内環境が整ってきたためか、花粉の時期に耳鼻科に通う回数がだんだん減ってきて、症状も前よりよくなってきました。

「善玉菌のチカラ」はどこで買える?楽天やAmazonでも購入できるの?

楽天やAmazonでも購入することができますが、公式サイトからの購入をおすすめします。
公式サイトでは『初めての方限定割引』や『定期コース割引』がありますので。

「善玉菌のチカラ」はこんな人におすすめ!

〇できるだけ薬を飲みたくない人
〇便秘気味の人
〇お腹が張り気味の人
〇花粉症の症状だけでなく、他の体の不調も気になっている人
〇ヨーグルトが好きではない人

これらの人は、是非「善玉菌のチカラ」を試してみてください。

まとめ

今回紹介した「善玉菌のチカラ」は我が家の夫には、とても合っているようで、3年以上続けています。
サプリメントを選ぶ時には、原材料名をチェックして添加物や食物アレルギーに注意しましょう!
一度に大量に摂取しても効果が高まるものではなく、継続的に飲み続けることができるサプリメントを選んでくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)