健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

インフルエンザでも風呂入っていい?熱が下がったら?注意点は?

インフルエンザにかかってしまった時、お風呂に入っていいかどうか悩んだことはありませんか?今回は、インフルエンザの症状と合わせて、お風呂に入る目安と注意点をお伝えします。

スポンサーリンク

インフルエンザのとき風呂に入っていいの?

インフルエンザに感染したからといって、お風呂に絶対に入ってはいけないということはありません。しかし、インフルエンザに感染すると、高熱が出たり全身が痛かったりと、辛い症状がある人がほとんどですよね。お風呂に入るということは、思った以上に体力を消耗するものなので、次のような症状がある場合はお風呂に入るのはお勧めできません。

熱が37.5度以上ある時

熱がある時は、体がまだウイルスと闘っている証拠なのです。この時期は体力が消耗しており、お風呂に入ってしまうと今以上に症状がひどくなってしまうことがありますので、お風呂に入るのは止めましょう。

全身の筋肉痛や倦怠感がある時

もし高熱がなくても、悪寒や全身の筋肉痛、倦怠感があるときは、まだ体力が回復していないことが考えられます。動くのが辛いということもあるかもしれませんので、お風呂は控えたほうがいいでしょう。

インフルエンザ 熱が下がったら風呂もOK?

熱が下がってきたら、ウイルスとの闘いは終わりに近づいてきているということですので、お風呂に入ってもいいでしょう。熱以外の体調の変化に注意しながら、お風呂でしっかり身体を温めるといいですよ。

スポンサーリンク

私の場合、インフルエンザに感染するといつも全身が筋肉痛で、起き上がるのも辛いという症状が出ます。熱がある時はもちろん筋肉痛がひどいですが、熱が下がった後もしばらく全身が痛くて動くのが辛いので、お風呂に入りたいという気分にはなれません。食事ができるようになると少し体力が復活してくるので、熱が下がったことだけを目安にするのではなく、自分の体力が回復してきているかどうかを確認してからお風呂に入るようにしましょう。

インフルエンザのときのお風呂 注意点は?

お風呂に入る時は、湯冷めしないようにすることと、長湯して体力を消耗しないようにすることに注意が必要です。

湯冷めに注意

お風呂上りに体が冷えてしまうと、また症状が悪化してしまうことがあります。部屋や脱衣所を温めておいたり、お風呂から上がったらすぐに布団に入るなど、湯冷めしないように注意してください。

水分補給はしっかりと

入浴中は汗をかきますので、入浴後に水分を摂りましょう。熱で水分を奪われた後ですので、十分に水分を補給することを忘れないようにしてください。

まとめ

インフルエンザで高熱が出ると、かなり汗をかきます。すぐにお風呂に入りたいと思う人もいるでしょうが、症状が悪化しないよう、自分の体調と相談しながらお風呂に入るタイミングをはかりましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)