健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

図書館への寄贈は迷惑?本の基準や寄贈方法をチェック!

books (3)_R

家にある大量の本。
もう読むことはないだろうけど、まだきれいだし処分するのは忍びないですよね。
それならよく行く図書館に寄贈できればいいかも!と、思いませんか?
図書館も本購入の節約になるだろうし、うちも部屋が片付くしwin-winのように思いますが…。
今回は図書館の寄贈についてまとめました。

スポンサーリンク

図書館への寄贈は迷惑?

私も図書館へ本を寄贈しようと思ったことがあります。
しかし、住んでいる市の図書館に問い合わせたら、あっさり断られてしまいました。
これは珍しいことではなくて、多くの図書館では寄贈はウェルカムではない、むしろ迷惑に思われることもあるようです。
その理由はこちらです。

本を置くスペースの問題

所蔵できる本の数には限りがあります。
図書館の本棚が空いていることってないですものね。
また、表には出ていないけれど、一般の人が立ち入れない場所に所蔵してある本もたくさんあります。
そのため、どんどん寄贈されてしまうと、本が溢れてたくさんの本を処分しなければいけなくなってしまいます。

人件費や手間の問題

図書館の本のラインナップは、個人からのリクエストだけではなくこういう本を置いたらよいだろうと、選定されて購入されています。
もし蔵書がどんどん増えれば、どの本を置き、どれを廃棄するか一つ一つ選別しなければいけません。
また本の整理や本のクリーニングなども必要になりますから、人もお金も今以上にかかってしまいます。

本を置くスペースには限りがあること、手間や費用の負担が増えるため、個人からの寄贈を受け付けていない図書館も多いのですね。

スポンサーリンク

図書館へ本を寄贈できる基準は?

本の寄贈を受け付けている図書館もあります。
しかし、本なら何でもOKというわけではありません。寄贈できる本の種類が、明確に決まっています。
私の住んでいる市の場合はこちらです。

地域の郷土資料

地域の歴史を伝える郷土資料は、なかなか市場に出回りません。
そのため個人で所有しているもの寄贈すると、それが大切な資料となったりします。

予約ランキング上位の本

今人気のベストセラーの本を予約しても、なかなか順番が回って来ないですよね。
忘れた頃に順番が来たりすることも…
図書館としても人気の本は何冊か所有していますが、所有数よりも借りたい人の数が多いため、数ヶ月待ちになってしまいます。
そのため一般書籍でも「予約ランキングベスト50に入っている本」であれば寄贈を受け付けている図書館もあります。

図書館への寄贈方法

図書館への寄贈方法についてお伝えします。
まずは寄贈したい図書館のサイトにアクセスし、寄贈を募集している本の種類をチェックしましょう。
自分の持っている本が寄贈できるものであれば、図書館に直接持ち込むか、わからないことがあれば電話などで確認をしましょう。

図書館へ持ち込んだとしても、必ずしも全て寄贈できるわけではないので注意が必要です。
本の状態などによっては引き取ってもらえない場合もありますので。

せっかくこちらは良かれと思って重い本を持って行ったのに、図書館スタッフの人に迷惑がられたり、持ち帰るようなことになったりしたら悲しいですよね。

それであれば、ネットの買取サービスなどを利用する方が、重たい思いも悲しい思いもしなくて良いのではないでしょうか。

ネットの古本買取りサービス

しかし、ネットでの古本買取りは、ちょっと敷居が高いように思いますよね。
なんとなく手間がかかりそうな割に、リターンが少ないようなイメージがあります。(お金ではないんですけどね…)

ですが、この前こんなサービスを見つけました。
→ 古本買取「Vaboo」

ネットの古本買取サービスなのですが、本だけではなく、CD、DVD・ゲームも買い取ってくれます。
しかも、5冊以上なら送料無料。
ヤマト運輸が自宅に集荷に来てくれるので、待っているだけでOK!
集荷日も選べ、時間も午前中、12~14時、14~16時、16~18時、18~21時など指定可能。
入れるものも手持ちのダンボールやしっかりした紙袋であれば、紙袋でも大丈夫なのだそうです。

こうなってくると図書館に持ち込みをするより断然、楽ですよね!

でも手間とかお金とかじゃないですよね。
大事なのは、自分の本がきちんと次の人の手元にも渡るのだろうか?ということですが、こちらも心配は不要のようです。

通常古本屋さんなどに本を持っていくと、値段がつかないものは持ち帰るか、「こちらで処分しましょうか」などと言われます。
処分かぁ…と、ちょっと残念な気持ちになりますが、この点もしっかり考えられています。

「Vaboo」を運営するバリューブックスはbook gift projectというプロジェクトを行っています。

book gift project -ブックギフトプロジェクト-book gift project -ブックギフトプロジェクト-

このプロジェクトは、バリューブックスに査定依頼されたけれど値段の付かなかった本をフリースクールや病院、福祉施設に置く活動です。

何がすごいかって、寄付して終わりじゃなく、施設に置かれた書籍は入れ替えを行っているということ!
これなら、施設利用者も新しい本が読めますね。
あなたが寄付した本も、色んな場所で読まれるかもしれません^^

買い取り価格が付くものは、その本を必要としている人のもとへ行きますし、値段がつかないものについてもどこかの誰かに読んでもらえるのは、めちゃくちゃいいですよね!

本の買取依頼は、15時までに申し込みをすれば当日集荷できますし、最短2営業日で査定結果がわかるのでスピーディーです。
査定結果に満足できない場合は、キャンセルし返送してもらうことも可能です。(返送も無料なのが嬉しい)

思い出の詰まった本を泣く泣くゴミ箱に捨てるぐらいなら、こういった買取サービスの利用するのもよいかもしれませんね。

参考サイト:古本買取Vaboo



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)