健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

一人暮らしのまとめ買い 一週間の献立と食材リスト!下ごしらえのコツも紹介

super (1)_R

一人暮らしでまとめ買いをして節約しようと思うけどなかなかうまくいかない…
無駄なく食材を使い切るにはどんな献立がいいんでしょうか?
今回は、一人暮らしのための一週間分まとめ買い献立と食材リストをご紹介しましょう。

スポンサーリンク

一人暮らしのまとめ買い献立例!1週間分

一人暮らしにおすすめの簡単に出来る一週間分まとめ買い献立例はこちらです!

<1日目>
朝:フルーツグラノーラのヨーグルトがけ
昼:ロコモコ丼(ハンバーグ+目玉焼き+とろけるチーズ+レタス)
夜:あんかけ海鮮焼きそば

<2日目>
朝:ピザトースト(サラミ+ピーマン+とろけるチーズ)
昼:おにぎらず(納豆+揚げ玉+しそふりかけ)
夜:具だくさん豚汁、だし巻、ご飯

<3日目>
朝:フルーツグラノーラ、牛乳
昼:BLTサンド(ベーコン+レタス+卵)
夜:野菜たっぷり中華丼

トマトは崩れて食べにくいので卵にチェンジ。
目玉焼きにして挟んでもオムレツにして挟んでも◎

<4日目>
朝:トースト(オリーブオイル+塩)
昼:おにぎらず(明太子マヨ+卵焼き)
夜:和風明太子パスタ、ポテトサラダ

<5日目>
朝:フルーツグラノーラのヨーグルトがけ
昼:ポテトサラダのサンドイッチ
夜:豚丼、大根おろし納豆

<6日目>
朝:明太子マヨトースト
昼:納豆チャーハン
夜:シーフードとアスパラのスープパスタ

<7日目>
朝:シュガーバタートースト
昼:ふわふわたまごサンド
夜:ハンバーグカレードリア、サラダ

食材は一週間を目安に使い切りましょう。
ついつい不足しがちな野菜類はカット野菜や野菜ジュースで補ってもOK。

スポンサーリンク

一人暮らしのまとめ買い食材リスト

ご紹介した献立に必要な食材のまとめ買いリストを作りました。
食材の種類と量、価格を見てみましょう。(価格は目安です)

野菜

カットレタス 1袋 100円
カット野菜(もやし、にんじん、キャベツ) 1袋 138円
チンゲン菜 1袋 138円
白菜 1/4玉 98円
大根 1/2本 98円
アスパラ 1束 158円
ポテトサラダ 1袋 98円
納豆 3P 98円

小計:926円 

肉・魚介・卵

シーフードミックス(冷凍) 1袋 398円
豚細切れ肉 200g 238円
玉子 1P 189円
辛子明太子 398円
石井のハンバーグ 3P 128円

小計:1,351円

その他

油揚げ 1枚 98円
しそふりかけ 1袋 100円
大判のり 1袋 398円
フルーツグラノーラ 600g 493円 
とろけるチーズ 1袋 248円
マーガリン 1個 258円
食パン 5枚切り 128円
サンドイッチ用食パン 10枚入り 248円
パスタ 240g 238円
レトルトカレー 1個 98円
コンソメスープの素 148円

フルーツグラノーラやパスタなどの日持ちのするものはネットで業務用サイズを注文するとスーパーで買うより安いですよ。

小計:2,452円
合計:4,732円

1日3食分×7日=21食
1食あたり225.3円ですね。
ちょっと高い?と思われるかもしれませんが、全ての食材を使い切るわけではないので2週目以降の食費はかなり抑えることができます。

次は、食材を保存するときのポイントと下ごしらえのコツを紹介します!

食材をまとめ買いした後の下ごしらえについて

まとめ買いした食材は、買った時に下ごしらえしておくと使いやすいです。
また冷凍保存しておけば、美味しい状態で長く保存できるものもあります。
食品別に下ごしらえのやり方をご紹介しましょう。

肉類

肉類は1食分ずつ小分けにしてラップに巻き、平たくしてから冷凍しましょう。
平たくしておくと解凍する時、時間を短縮できますよ。
中華丼と豚汁は少量(50g)で豚丼は100g…のように使用する量を変えて冷凍すると使う時に便利です。

野菜

野菜は適度な大きさにカットして、密封パックに入れて野菜室で保管しましょう。
密封パックに入れた状態で大体3~4日持ちますよ。
カット野菜は、便利な反面傷みが早いので切ったら早めに使い切って下さいね。
じゃがいもやさつまいもなどの根菜類やなすびなど、空気に触れると変色してしまう野菜があるので、そういった野菜は避けましょう。

食パン

食パンは温度や湿度の高い場所に置いておくとカビてしまったりパサパサになってしまいます。
トースト用の食パンは、買ったら冷凍するといいですよ。
冷凍していれば賞味期限を過ぎても1ヶ月くらいは大丈夫なので一人暮らしの人におすすめです。

まとめ買いをしたら下ごしらえをして保存すれば使う時に便利で保存期間も長く出来ます。
後々になると面倒になるので、買ってきた時にすることをおすすめします。

まとめ

まとめ買いのポイントは、一週間で使い切れる量を買うことです。
ご紹介した一週間の献立や食材リストを参考にまとめ買いをしてみましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)