健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

年賀状ありがとうございます は失礼?返信の書き方は?

kangaeru_R

自分が出していない人から年賀状が届くことありますよね。
気心の知れた人とか後輩とかならよいのですが、目上の方へはどう返信してよいか言葉に迷う人も多いようです。
今日は、年賀状をいただいたときの返信のマナーと書き方についてお伝えしますね。

スポンサーリンク

「年賀状ありがとうございます」は失礼にあたる?

「年賀状ありがとうございます」
「早々の賀状ありがとうございました」
「ご挨拶が遅れ、申し訳ございません」

書いていない人から年賀状が来た時、返信時にこれらの文章を使っていませんか?

年賀状のお礼&謝罪は、丁寧な対応として一見良さそうですが、マナー的にはよろしくありません。
なぜなら、受け取った相手によってはこれらの一言があると逆に失礼と感じることもあるからです。

私自身、もらった年賀状に「年賀状ありがとうございます」の一言があると、正直おもしろくありません。

「律儀に返信してくれたんだ~」
と思いつつ、一方で
「もともと書くつもりはなかったんだな」
と思ってしまいます。

元旦に年賀状が届ず遅れて届いた場合も何も書いていなければ
「ギリギリに書いて間に合わなかったのかな」
と思うこともできますが、
「挨拶が遅れてすみません」
と、書かれていたら、やっぱり来てから書いたのだと確定してしまいます。

そして次の年賀状を書く時期になったら前回の年賀状を見直しますよね。
通常通りの年始の挨拶であれば、何も思い出すことはありませんが、
「年賀状ありがとうございました」
の一文があると、そうだった!と思い出します。

年賀状、今年は出すのどうしようかな…
もしかして年賀状辞めたいのかも…
相手から来たら返信する方式にしようかな…

など、いろいろ考えてしまいます。

私の場合、1~2年は返信が来るなら続けますが、それ以降は自分からは出さなくなることが多いですね。
送り続けるのも迷惑かもしれませんので。

スポンサーリンク

目上の人へ送るときは特に注意!

自分が目下の立場で、目上の方からの年賀状に返信するときは、賀状のお礼などは書かないように特に注意してください。

そもそも年賀状は年始の挨拶をするためのお手紙で、挨拶は目下の人から目上の人にしますよね。
それなのに、賀状のお礼を書いてしまうと目上の人に先に挨拶をさせてしまったことを認めてしまうことになります。
人によっては「私の方が目下ということ?」と、嫌味として受け取られることも。

年賀状の返信の書き方

書いていない相手から年賀状が来た場合は、なんと返信を書けばよいのでしょうか?

友達や目下の人へ返信するとき

まず友達や後輩からであれば「年賀状ありがとう!」とそのまま書いてもよいでしょう。
また「体調不良で間に合わなくてごめん」とか「年末はバタバタしてしまって遅くなってごめん」のように言い訳を書いてもわかってくれるかもしれません。

ただ相手がどう受け取るかわからない場合は、親しい仲であっても年賀状のお礼や言い訳は書かずに通常通りの挨拶のみにした方が無難ですね。

目上の方からの年賀状へ返信するとき

目上の方へお返事を書くときは、お礼や謝罪は書きません。
『最初から年賀状を出していました』というスタンスで書きましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
最近では「年賀状は来たら出す」方式の人も多いそうですが、目上の方へは失礼にあたるのでやめましょう。
目上の方へ年賀状を書くとの注意点は、下記の関連記事も参考にどうぞ。

年賀状の一言コメント文例!【上司・ビジネス・親戚など目上の方へ】
年賀状を上司や目上の人へ…使ってはいけない言葉とマナー8つ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)