健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

田舎暮らしのメリットとデメリット!向いている人は?

house3_R

田舎暮らしに憧れて都会から田舎に引っ越す人が増えています。
しかし、理想と現実の違いに半数以上の人が再び都会に戻ってしまいます。
メリットとデメリットをしっかり理解し、こんなはずではなかった!と、ならないようにしたいですね。
実際に都市から田舎へ引っ越した私の体験談を元にメリットとデメリットをまとめました。

スポンサーリンク

田舎暮らしのメリット

都会の喧騒から離れたい、環境の良いところで子育てがしたいなど…
人それぞれ理由は違えど、田舎で暮らしたいと考える人が多いですね!
私もそんな中の一人で、実際田舎暮らしを始めました!
(夫38歳、妻33歳(子供なし)京都の田舎在住)

田舎暮らしを始めて良かったと思う点を各項目に分けてまとめました。

住まい・家賃が安い

田舎では中古物件なら、都会ではありえない広さの坪数のお家を安くで購入出来ます!
夫の収入では広い坪数も庭付きも諦めていましたが、無理することなく購入出来ました。
我が家の場合、35坪の広さで月々のローンが約5万円です!

生活費を抑えられる

野菜が新鮮で美味しい上安くで購入出来ます!
JAや野菜市場があるので採れたての野菜や珍しい地元の野菜を購入出来ます。

ご近所同士で助け合い

親しくなれば野菜や果物などのおすそ分けをもらうこともあります。

自然が豊か

回りが自然に囲まれているので、朝方は空気が澄んでいて鳥や虫の鳴き声に癒されます。
交通量も都会に比べ少ないので静かです!
少し行けば昆虫採集や自然の中でのびのび遊ぶことが出来ます。

少人数教育

都会に比べ人数がないので少人数で教育を受けることが出来ます!
近くの山でマラソン大会があったりとお子さんの持久力がついて元気な子が多いです。
また、個人的な意見ですが良くも悪くも都会の子と比べると性格面や行動が年齢より子供っぽい子が多いですね。
登下校は集団で行動するので安心ですよ!

田舎暮らしで私が一番メリットだったと感じるのは、やはり住まいと家賃ですね!
都会では私たちの収入では家を持つのは諦めますが、田舎ではそれが可能になりました。
しかも広くて庭付き、ガレージは2台分と理想の家を買うことが出来ました。

田舎暮らしのデメリット

では、逆に田舎暮らしで不便や難しいと感じたところはどんなものがあるか…
各項目に分けて見てみましょう!

仕事が少ない

地元での仕事は少なくほとんどの人が都会や工業団地まで働きに出ています!
通勤時間は車で30分は当たり前な環境ですね。
また道が限られているのでかなり混みます。
なので、夫は毎日到着の1時間前に出勤…
電車の本数も少なく、天候で運行に大幅な遅れや最悪の場合交通がストップすることも…
場所にもよりますが定期代も結構かかるのでほとんどの人が車で通勤しています。

車は必須

車は必需品で、必ず1家庭に1台はあります!
奥さんが運転している家庭も多いですね。
お年寄りの運転も多いので横断歩道を渡る時は注意が必要です。
駐車場代は安い(もしくはタダ)ですが、どこに行くにも車なのでガソリン代が毎月3万は必ず掛かります。(我が家の場合)

スポンサーリンク

物価が高い

スーパーや美容室、服屋さんなどお店が少なく競争率が低いので物価が都会より高いです!
交通もバスや電車などの料金が必ずかかってしまうので何かとお金がかかります。
ガスがプロパンのところもあり、その場合は使用料金が高いですね。

地域の結束が強すぎる

よそ者扱いが必ずと言っていいほどあります。
誰も知らない所に中古物件を購入した我が家はかなり悩まされました。
昔からの結束が強く、地域の行事に力を入れていて1つでも参加しないと風当たりが強くなりました。(我が家の地域が特別なのかも…)
また、時間を持て余している人が多いので行動をよく見られていて些細なことがきっかけですぐ良からぬ噂が流れることも…

虫問題

自然が多いと虫も多くなります!
夏はコバエが多くなり、蜘蛛も多いですね。
スズメ蜂が家に大きな巣を作ってしまうことも田舎ならではのあるある…
家の門燈に蛇が巻き付いていたこともありましたよ。

学校が遠い

都会ほどたくさんなく、町に1つくらいなので学校までの距離が遠いことが多いですね!
都市開発が進んでいる田舎なら学校や幼稚園などが出来ていることもありますが、基本時間がかかりますね。

私が田舎暮らしで一番デメリットに感じたのは、人間関係ですね。
地域行事が多く、夫は消防団で頻繁に招集がかかります。
招集がかかった時は夜の2時まで帰ってこないことが当たり前なので少し参っています。
私の地域は特に難しい人が多いので、暮らす前に必ず地域住民の方を観察するのも必要だったと後悔しています…

田舎暮らしが向いてる人はこんな人!

実際住んでみて色々気づいた私が、田舎暮らしが向いている!と感じる人はこちらです!

地域ごとに積極的に参加できる人

役員を率先して引き受けたり地域の行事を欠かさず参加出来る人なら地域に溶け込めるでしょう。
また人のために手助けをしたり進んで輪に馴染もうと努力される方や上手な方は問題ないです。
あまり付き合いが苦手という人は都会の方がいいかも…

虫や生き物が好きな人

虫に遭遇することがかなり多いです。
窓や自転車、玄関に蜘蛛の巣をはられることもしばしば…
蛇や大きなカエルに出くわすこともあります。

車の運転が好きな人

どこにいっても人間関係はついて回りますね。
田舎は特に難しく感じます。
ですが、地域によって違うので田舎暮らしは物件も大切ですが住んでいる人のリサーチがとても重要と感じました。

まとめ

田舎暮らしを始めた人で戸惑うのが方言…
私の地域ではそういったことはないのですが、なまりのきつい地域では言葉が分からず何を話しているのか分からないということもあるようですよ!
大切な会議で分からず「うん、うん」と返事をしていると役員をやらされたなんてことも…
ご紹介したメリットとデメリットを田舎暮らしの参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)