健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

初めての喪服はどこで買う?相場は?失敗しない選び方は?(女性編)

社会人になったら喪服の1枚ぐらい持っておきたいものですよね。
そろそろ買わなくちゃと思っていてもまったく買ったことが無いからどういったものを選べばいいかわからない。
そんなあなたのために初めての喪服選びについて、ポイントをまとめましたので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

喪服はどこで買えばいいの?相場はどのくらい?

まず1番品揃えが豊富で品質が高いのが百貨店です。
各ブランドの中にも喪服の取り扱いがあるところもありますが、フォーマルウェア売り場に喪服が揃っているのでそちらで選ぶのがおすすめです。

百貨店で購入する場合、
20代なら5~6万円台
30代なら7万円~9万円台

が平均的な相場のようです。

喪服の値段の違いは、黒の色の深さ、仕立て、素材などの違いです。
最も大きく違うのは黒の色になります。
高いものほど深みがあって品のある黒になっています。

また着心地やシルエットの美しさが少しずつ違ってくるんですよね。
値段が良いものはそれだけ着心地が良いのです。

ショッピングモールで探されるのも意外とおすすめです。
大きなモールでしたら、お求めやすい価格~高級ブランドまで揃えている場合もあります。
ただし、接客については、百貨店と比べるとばらつきがありますので、店員さんによってアドバイスが違う場合があります。
値段も重要ですがやはり着てみた際の着心地や印象が大事ですから、色々な場所で試着してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

喪服が安い時期は?セールはいつやっているの?

喪服が安い時期は、ずばりフォーマルバーゲンをやっているときです。
何月が狙い目!と、はっきり言えないのが喪服の残念なところ。
喪服はオールシーズンのものが多いので、普通の洋服とは違い、あまり季節は関係ないようです。
そのため、百貨店やショッピングモールのHPを確認してセールの情報をGETしたり、店員さんと仲良くなってセールの時期を教えてもらう方もいるようです。
大きなセールは年に1~2回ですが、商品入れ替えのため少しずつセール品になっているものがあります。
サイズやデザインが気にいるものがあればラッキーですね。

失敗しない喪服の選び方とは?

・10年後に着られるデザイン
喪服は頻繁に着るものではないですよね。
大体10年間着ることを目安にデザインを選ばれる方が多いです。
今どんなに可愛くてもフリルやリボンが付いているタイプを果たして10年後も着られるのでしょうか?
サイズについてもジャストサイズよりは、少し余裕のある方が安心です。

・まずはオールシーズンで
夏の法要が続く場合は、夏物がいいのですが、そうでない場合は最初の1着はオールシーズン対応のものがおすすめです。
定番の組み合わせは5~7分袖のワンピース+ジャケット。
半袖のものもありますが、袖は肘が隠れる長さ、裾は膝が隠れる長さのものが正式なスタイルになります。

・タイトではなくフレアスカート(Aライン)
フォーマルウェア売り場ではタイトスカートではなくほとんどがフレアーワンピースです。
ピッタリしたスカートは動きにくいですし、和室で正座をした時に足が崩しにくいのでおすすめできません。
フレアスカートで長めの丈なら座った時に膝頭が出ず、また足を崩しても目立ちにくいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
慌てて購入して、高かったのにほとんど着られなかった…とならないよう、何着も試着をしてじっくり探されることをおすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)