健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

うなぎとあなごの違い 見た目は?栄養比較と味や値段も!

unagi_R

うなぎと穴子の違いって言えますか?
蒲焼きは、うなぎのイメージはあるけど、お寿司屋さんでは?あれ??
と、なった方必見!
今回は、うなぎとあなごの違いを比較しました。
これを読めば、うなぎと穴子の違いがはっきりしますよ。

スポンサーリンク

うなぎとあなごの違い 見た目での見分け方とそれぞれの特徴はこれ!

うなぎ

うなぎ目うなぎ科の魚類。

(特徴)
稚魚の時は川で生息しているが、産卵の時に海に出る。
細長い形で30㎝~1mほどの長さが平均的。
土用の丑の日に食べられることで有名。
滋養強壮、スタミナをつけるための食材として知られる。

うなぎの外見での見分け方

・下あごが出ている
・尾びれに少し丸みがある
・小さな鱗がある
・黒に近い灰色

あなご

うなぎ目あなご科の魚類。

(特徴)
海で生息していて一生を海で過ごす。
うなぎと同じように細長い形で30㎝~1mほどの長さ。
うなぎに比べ安価で庶民的。
かば焼きにすることが多い。

あなごの外見での見分け方

・上あごが出ている
・尾びれが尖っている
・頭の方から尾びれにかけて白い斑点がある
・灰色

蒲焼きになった状態では見分けがつかないかもしれませんが、水槽などで泳ぐ姿を見た時は、顎の出方や斑点に注意して見てみましょう!

スポンサーリンク

うなぎとあなごを栄養で比較してみた!

うなぎの栄養

脂質、タンパク質、ミネラル、ビタミンなどが含まれていて栄養価が高い。
うなぎのかば焼き:551kcal(100gあたり)

あなごと比べて多い栄養は…
・脂質
・カルシウム
・ビタミン

あなごの栄養

うなぎと同じくらい栄養価が高い。
あなごのかば焼き:161kcal(100gあたり)

うなぎと比べて多い栄養は…
・カリウム
・ナトリウム

脂質が多いことからうなぎはかなり高カロリー!
あなごはうなぎに比べ脂質が半分でヘルシーなので、ダイエットをしている人はあなごがおすすめですね。

>>【関連】うなぎと食べ合わせが良いもの・悪いものは?うなぎに合うおかずはこれ!

うなぎとあなごの味の違いはある?値段に差はあるの?

では、味や食感の違いはどうでしょうか?
また一般的に値段が高いのはどちらでしょうか?

うなぎ

脂質が多いので皮目はパリパリ中はふっくらしている。
関西と関東で焼き方に違いがある。

かば焼きの値段:1,500~3,000円

あなご

脂質が少なく、ふんわりとした柔らかい食感。
うなぎに比べあっさりしている。

かば焼きの値段:500~1,000円くらい

うなぎが圧倒的に高価ですね。
中国産のうなぎでも最近は高くなっていて1,500円ほどしますし、国産で天然ものになると5千円以上するものも…

値段による栄養価にはさほど違いはありませんが、やっぱり奮発して国産を!と、買いたくなりますよね。
あなごの場合、国産であっても値段が安いです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
うなぎとあなごは、よく調べると見た目も栄養も全然違いますね。
特に大きいのがカロリーの差!
カロリーは気になるけど、やっぱり鰻は美味しいですよね。笑
食べ過ぎない程度に美味しく鰻をいただき、暑い夏も乗り切りましょう!

>>【関連】うなぎと食べ合わせが良いもの・悪いものは?うなぎに合うおかずはこれ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)