健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

キャンプの服装 男性編!半ズボン?それともジーンズ?靴はどうする?

af0060024176_R

夏のキャンプ楽しいですよね^^
でも気になるのは何を着て行ったらいいのか?ということ。
男性だけならそこまで気にならないかもしれませんが、女性がいるなら身だしなみも気をつけたいですよね。
ということで、今回は夏のキャンプでおすすめの男性のコーディネートについてまとめてみました。
筆者も一応女なので、女子目線で好感度の高いモテ服をご紹介します!

スポンサーリンク

キャンプでのおすすめの服装 男性編

キャンプに行き慣れていないとどんなスタイルが正解なのか分かりません。
すごくお洒落とまではいかなくても、それなりの恰好をして浮くことのないようにしたいですよね!

キャンプの時の服装選びのポイント

動きやすい服装
男の人の場合、テントを張ったり肉を焼いたりと何かと動くことが多いので動きにくいスタイルはNGです!
だからと言って機能性だけでジャージにするのはもっとNGです。
親せきなどの身内でやるキャンプならOKですが、異性がいるような時は恐らく浮いてしまうでしょう。

日差し、暑さ対策の出来るもの
日差しが強く暑さで熱中症になってはいけませんので帽子を用意するといいでしょう!
サングラスなどをしている人もいますが、女子受けはあまりよくありませんので控えましょう。

虫刺され対策
山は虫が多く、やぶ蚊などの大きい蚊もたくさんいます。
虫に刺されないようにするためにも短パンはあまりおすすめ出来ません。
また女子はあまり男性の短パン姿が好きではないので控えた方がいいですね。
トレッキングスタイルなどのような短パンにレギンスを合わせた格好は好感を持たれます!

汚れても大丈夫な服
男の人の場合、かなり汚れる率が高いです!
格好に気を取られて準備の手伝いがおろそかになってしまうと周りから冷たい視線が刺さることに…。
かがみにくい皮のパンツや汚れが目立つ白のシャツなどはなるべく避けたいところですね。

キャンプにおすすめのコーディネート

・上着…動きやすいパーカーや柔らか素材のカラーシャツやチェックシャツ(長袖のもの)
・インナー…Tシャツ
・パンツ…ジーンズや濃い色のパンツ(長いタイプ)
・靴…スニーカーやサンダル
・帽子…キャップタイプのもの

長袖は日が暮れてくると寒くなることからおすすめです!
暑い時に脱げるようなものや腕まくり出来る物をチョイスしましょう!

スポンサーリンク
キャンプでは浮いちゃう危険大!NGコーディネート

・上着…動きにくいハードタイプのジャケット
・パンツ…皮などのかがんだり動きにくいパンツ、膝上丈の短パン
・靴…革靴などのお洒落靴
・日差しよけグッズ…麦わら帽子

キャンプの服装 下は半ズボン?レギンス?ジーンズ?

キャンプの服装で下の履物はどんなものがいいのでしょうか?
それぞれ女子目線で見てみると・・・

半ズボン
先ほどの章でも記載したように、半ズボンは女子受けがいまいちです。
ですが、長さが膝下丈はまだ受け入れられやすいですね。
蚊に刺されたりバーベキューの時に火傷する恐れもあるので、なるべく長めを履くことをおすすめします!

短パン+レギンス
お洒落なアイテムなのですが、着こなしが難しく合わせ方でかなりダサくもなってしまいます。
場合によっては、かなり張り切った人に映ることも・・・

ジーンズ
一番無難ですね。
蚊・日差しよけ、動きやすさ、コーディネートのしやすさから長い丈のジーンズがおすすめです。
ただし膝が抜けているようなダメージジーンズはだらしなく見えますので避けましょう。

その他、カーゴパンツ、チノパンなども動きやすい点ではおすすめです。

キャンプの服装 夏でも靴?それともサンダル?

夏の暑い日はサンダルを履きたくなりますが、キャンプではスニーカーなどの靴を選ぶべきか、サンダルにするべきか悩みますね。
ここでは、それぞれのメリットをご紹介しましょう!

スニーカー
山道や砂利道、アスレチックを楽しんでからのバーベキューなどの場合は足を怪我しないように防ぎためにもスニーカーがいいですね!

サンダル
川で魚釣りをしたり、川遊びをする時にいいですね。
よく川遊びをしててサンダルが流され追いかける姿を見かけますが、今はキャンプ用のお洒落なサンダルもありますよ!

バーベキューや移動の時、テントを張る時などはスニーカーなどの靴が安全なのでおすすめです。
サンダルもキャンプ用のものがあるので、そういったものを利用してもいいですね!

まとめ

トレッキングスタイルはお洒落で好感を持たれますが、場合によっては浮くことも^^;
あまり難しく考えず、動きやすさを考慮した無難なスタイルが一番ですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)