健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

新入社員歓迎会での挨拶や自己紹介の例を紹介!翌日のお礼も

enpitu_R

新入社員歓迎会で挨拶を求められたけれど、なかなか言葉が見つからずアタフタ…
なんてことにならないように、歓迎会に備えて新入社員の挨拶や自己紹介文を考えておきましょう!

スポンサーリンク

新入社員歓迎会での挨拶・自己紹介の例文

新入社員歓迎会での挨拶はかっちりした方がいい?
いえいえ、お酒の席ですし、自分を知ってもらうためにも親しみが持てる砕けた挨拶がいいですね!
ですが、砕けた挨拶と言っても、社長など偉い方が参加されている場合はあまりふざけ過ぎるのは良くありません。

新入社員歓迎会の挨拶のポイント

①最初に会を開いてくれたことの感謝の気持ちを伝える
②簡単な自己紹介や今後の抱負
③宜しくお願いしますで締める

上記の3点を基本に、自分に興味を持ってもらえるような話題を選びましょう!
つぎは具体的な挨拶の例を紹介します。

新入社員歓迎会の挨拶~自己紹介編~

【例文1】
この度、○○部に配属になりました○○(フルネーム)です。
今日は私達のためにこのような温かい歓迎会を開いて下さり、ありがとうございます。
改まった挨拶が苦手なので、簡単な自己紹介をしたいと思います。
私は4人兄弟の1番上で、下に妹が1人と弟が2人います。
動物では犬が好きで、実家でも2匹飼っています。
ちなみに、最近ダイエットのためにジョギングを始めました。
マイナス3キロが目標です。
こんな私ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

【例文2】
このたび、○○部に配属になりました○○(フルネーム)です。
本日はこのような会を開いていただきありがとうございます。
私は○○出身で、趣味は旅行と食べ歩きです。
食に対する行動力と情熱には自信があります。
仕事に対しても同じくらい情熱を持って努力して参ります。
不慣れでなにかとご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、これからもご指導のほど宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

新入社員歓迎会の挨拶~抱負編~

【例文3】
この度、○○部に配属になりました○○(フルネーム)と申します。
本日はこのような会を開いてくださりありがとうございました。
私の大学生活はアルバイト一色でした。
色々なアルバイトを経験し、チームワークの大切さや仕事の厳しさを学びました。
その経験を生かし、与えられた仕事は積極的にこなし、早く独り立ちできるよう努めてまいります。
今後とも、どうぞご指導のほどよろしくお願いします。

【例文4】
○月○日付けで○○部に配属になりました○○(フルネーム)と申します。
本日はこのような会を開いてくださり、誠にありがとうございました。
今は仕事を覚えるのにいっぱいいっぱいですが、早く一人前となって会社の顔となれるよう頑張りますので、引き続きご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

多少、言葉遣いが間違っても大きな声でハキハキ喋れば大丈夫です!

新入社員歓迎会の翌日の挨拶のタイミングや言葉は?

新入社員歓迎会の翌日は、会を開いてくれた先輩や上司にお礼をいいましょう!
タイミングとしては、出社してすぐがおすすめです。
少し早めに出社しておき、先輩方が来られたら1人ひとりの元に行き
「おはようございます」の挨拶と合わせて「昨日はありがとうございました。(ごちそうさまでした)」と言葉を添えます。
仕事が始まると、話しかけるタイミングを見計らうのが難しいので、朝一で言ってしまうのがよいです。
また、後で言おうと思っていても、相手によっては「あいつはお礼も言わないのか」と思われてしまうこともありますので。

お礼の言葉は難しい言葉ではなく、感謝の気持ちを持ってお礼をすればOKです!

まとめ

しっかり言葉を考えていてもいざ挨拶の場面になると、緊張して頭が真っ白になってしまうこともあるかもしれません。
そんなときは、「すみません、緊張で今頭が真っ白です」と自分から言ってしまうのもあり!
新入社員なら初々しくていいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)