健康・美容・生活の総合情報サイト

menu

MyStyle

結婚式二次会の服装(女性)平服とは?冬はどうする?ブーツはNG?

kanpai_R

結婚式の二次会に招待された時、さあ、何を着ていこう…と悩む方も多いのではないでしょうか?
カジュアルってどのくらいカジュアルでもいいの?
靴や鞄はどんなものがいいの?
どのようなものを選ぶべきかいろいろ悩みますよね。
そこで、今回は結婚式の二次会での服装についてご紹介しましょう!

スポンサーリンク

結婚式の二次会の服装で「平服」とは?

結婚式の招待状に「平服でお越しください」という言葉を目にすることがありますが、この平服って一体どんなものをいうのか曖昧な方も多いのではないでしょうか?

平服とは、略礼服のことで礼服ではなくていいけど、結婚式などのきちんとした席に適した落ち着きのある華やかな服装のことを言います!
dress_R

女性はカクテルドレス・ワンピースがこれに当たります。
露出の少ないもので、花嫁さんよりも目立たない、でも地味になり過ぎない服装が基本とされます!

平服のワンピースの選び方は?色はどうする?

色についてですが私の地域(関西)では、『白』の服は避けるように言われています。
これは花嫁さんの白無垢・ウエディングドレスからも分かるように、白は主役の色なので被ってしまわないようにするためですね。

またフォーマルな色と思われがちな『黒』ですが、これは結婚式などの華やかな席の場合は男性はタキシードやスーツ、女性は親族などが着る和服に用いられる色です。
基本的に黒は喪に服す時の色とされるので、なるべく華やかな色・お祝いする心に相応しい色が女性の平服には適しています。
黒のワンピースを着たい場合は、アクセサリーやコサージュで華やかな雰囲気を出しましょう。

結婚式二次会の服装!冬の女性はどんなスタイルがいい?

私が二次会に参加する時の服選びを参考にどんなスタイルがいいか項目別にご紹介しましょう!

露出の少ない、派手過ぎず地味過ぎないワンピース・膝下丈のドレスを選びましょう!
冬なので上着にには、淡い色味もしくは派手過ぎない色味のカーディガンやストール、ジャケットなどを羽織ります。
服がシンプルな場合は派手過ぎないコサージュなどをつけて華やかに^^
黒は極力避けますが、持ってるドレスがそれしかないなどの場合は他の小物(アクセサリーやコサージュ)で彩りを出しましょう!

スポンサーリンク

髪型

私の周りは二次会だけでも美容院でセットをしてもらう人が多いですね。
髪型に関しても結婚式ほど派手にはしません。
自宅でアレンジをしたい方はYouTubeの動画などがすごく参考になりますよ!

フォーマル用の小ぶりな鞄が基本です。
普段使いの鞄は避けましょう。

ハイヒールもしくはバックストラップの付いた靴を選びます。
あまりカジュアルすぎないシンプルなものが◎
サンダル・オープントゥ(つま先部分が開いた靴)はカジュアルなので避けます。

二次会は結婚式のように改まった席ではなく、親しい間柄の人が新郎新婦をお祝いする席。
そのため、披露宴ほど特にこうしないといけないなどの決まりはありませんが、結婚式からそのまま参加してくる人も多いのでその点は気を付けなければいけません。
招待状に「カジュアルな服でお越しください」と書かれているからと言ってそのままカジュアルな服で行ってしまうと一人浮いた存在になってしまうことも…

二次会会場がどういった所なのか、結婚式からの出席者がいるのかいないのかなども考慮して服装を決めるようにしましょう!

結婚式の二次会の服装でブーツはどう?

103685_R
二次会の靴でブーツを履いていくのはどうなの?ということを聞きますが、私の場合はその服装にあっているのであればOKだと思います。
しかし、結婚式ではブーツやサンダルなどはNGで、大抵の人はハイヒールを履いてきているのでそのことも考慮して決めましょう。
パンプスでは移動のときに寒い…という場合は、移動の際はブーツを履き、会場近くで履き替える方法もありますね。

まとめ

二次会の服装は結婚式に比べてあまり決まりがないですが、お祝いの席であることに変わりはありません。
やはり落ち着きがあってなおかつ華のあるものがいいようですね!
二次会の服装選びの参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)